小走りに駆ける

20 の用例 (0.00 秒)
  • かれは、廊下を先に立って、大きな部屋へ小走りに駆けこんで行った。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • まな美が晴れやかな声を出して、さらに森の奥の方へと小走りに駆けていく。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • 彼は、七階の窓に目を配りながら、足音を立てないように小走りに駆けた。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 清左衛門は足軽を解放すると、自分も小走りに駆けて長柄町にむかった。 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』より引用
  • 喘いでいる文四郎の眼に、組屋敷の方から小走りに駆けて来る少女の姿が映った。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • そのとき、はじけるような声がして、一人の少女が小走りに駆けよってきた。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • 始は、屋上へつづく階段のほうへ小走りに駆けていく弟たちを見送った。 田中芳樹『創竜伝 第02巻』より引用
  • 早くもその気配を察した人々が、小走りに駆けながら通りから姿を消し始める。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • そこへ向こうから若いイギリス娘が小走りに駆けてきた。 横溝正史『塙侯爵一家』より引用
  • ロレトは弾かれたように身を翻すと、小走りに駆けながら店を出て行った。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • まばらな街路灯に照される暗い道を、ふたりして小走りに駆け下った。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 改札を抜けると、まな美は先頭車両の方に小走りに駆けていく。 西風隆介『神の系譜Ⅱ 真なる豹』より引用
  • 廊下を小走りに駆けていくと、足音がエレベーターホールにまる。 池上永一『レキオス』より引用
  • 内股で小走りに駆けていく真美那の背中を真鶴は涙越しに見つめた。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 小屋の外に出たケリとラムジーが小走りに駆けて駐車中の車の列の間にまぎむ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • 上松がゲスト・ハウスの方へ走り出すと、ほかの者も小走りに駆けた。 井上靖『星と祭下』より引用
  • と言って彼は三頭立を小走りに駆けさせた。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(下)』より引用
  • 啓造はちょっと振り返って、小走りに駆けて行く女のうしろ姿を見送った。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 次々に木やしげみ伝いに小走りにけ、ひらけた斜面に出るのをけている。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • 百姓が一人、白い馬にまたがり、林ぞいの暗い小道を小走りに駆けて行く。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用