小豆餡

全て 名詞
73 の例文 (0.00 秒)
  • 基本的に小豆餡が使われているが、栗・餅などが入っている事もある。 ...
  • 餡については、赤い小豆餡を使う地域と白餡を使う地域に大別される。 ...
  • 小豆を用いた小豆餡が開発されたのは鎌倉時代であるとされる。 ...
  • ほうとうの麺に適度な粘りのあるぼたもちのような小豆餡を乗せたもの。 ...
  • 砂糖・小豆餡が流通する江戸後期には既に作られていた。 ...
  • 小豆餡を使い、求肥に淡紅色の着色がされているのが特徴である。 ...
  • 台湾の最中は、小豆餡の外に、蓮の実餡のものも一般的である。 ...
  • 別に小豆餡を作っておき、中に入れる場合もある。 ...
  • 江戸時代の東京に、助惣焼という小豆餡を薄い生地で包んだ菓子が存在していた。 ...
  • 餅に挟む小豆餡は、志摩ではこしあんを使うが、松阪では粒あんを使う。 ...
  • あんパンは、中に小豆餡を詰めた日本の菓子パンの一種である。 ...
  • 白餡、小豆餡、抹茶餡の三種の餡で包まれた餅を串に刺したものである。 ...
  • 現代では中の餡はつぶあん、こしあんの小豆餡が一般的である。 ...
  • 多くの商品は棒付きのアイスミルクに小豆餡が入ったものであるが、他にカップアイス形や箱入りで饅頭そっくりに作られたものもある。 ...
  • 味付けは基本的に小豆餡とみたらしの二種類だが、それぞれの店で若干風味が異なり、食べ比べて好みの味を探すのも楽しみ方のひとつである。 ...
  • 黄な粉、小豆餡の安倍川餅の他、山葵醤油をつけて食べる辛味餅もある。 ...
  • ただし、この説は鎌倉時代に小豆餡が出来たと言われることから、1189年に死んだとされる武蔵坊弁慶との関わりは矛盾する。 ...
  • 次へ