小豆餅

全て 名詞
32 の例文 (0.01 秒)
  • アカツキガユを炊いたら、この日以降は小豆餅を食べてもいいと広く伝承されている。 ...
  • 家康が小豆餅を食べている時に武田軍が追ってきたため、家康は代金を払わずに馬に乗って逃げた。 ...
  • なお、萩町として残った区域も住居表示によって一年ほど後に小豆餅に変更されたため、萩町の地名は消滅した。 ...
  • わたくしもよく方々の農家から小豆餅やなまり節などをもらった。 ...
  • 小豆餅から銭取までは約2kmあり、老婆は騎乗の家康をそれだけ追っていったことになる。 ...
  • ちなみに小豆餅と銭取の距離はおよそ6km程ある。 ...
  • 徳川家康が三方ヶ原の戦いで武田信玄の軍に敗れた際、敗走の途中でこの近辺の茶屋で小豆餅を食べたとする伝説に由来する。 ...
  • 小豆餅は一〜四丁目まである正式地名だが、小字だった銭取はバス停に名称を残すのみとなっている。 ...
  • これは三方ヶ原の戦いで敗れ浜松城へ引き上げる途中の家康が当地で小豆餅を食べたが、武田軍が迫ってきたため代金を払わず逃げた。 ...
  • ただしこの逸話は後世の付会で、実際には三方ヶ原の合戦での死者を弔うためこの地に小豆餅を供えたことが地名の由来である。 ...
  • 近衛このえ殿あたりでさえも、年に一度の式日に、賓客まろうどが馳走を眺めて、口に入れられそうな物は、三宝にのっている小豆餅あずきもちぐらいな物であったという。 ...
  • 菅井和尚から貰った小豆餅あずきもちを出すと、喜んですぐ食べた。 ...
  • 小豆餅ばかりでなんなら、納豆餅でなりなんなり、どっさり食って行くんだ。
  • 先日から煮溜めた砂糖黍の液汁に浸した小豆餅が、大鍋の中で溶けているのももう忘れ、私の妻は、特攻隊員だと聞かされてからは、突然戦争が眼前に展開されているのを見るように、表情が変った。
  • 中央の大鍋いっぱいにとろりと溶け崩れた小豆餅、中鍋には、白い澄し餅がいっぱい。 ...
  • ここの住職は甘いものに目がなくて、るいは墓前に黄粉餅を供える際には必ず、余分に黄粉餅と小豆餅を作って持って来る。 ...
  • 地名は、三方ヶ原の戦いの際、徳川家康が当地附近の茶屋で小豆餅を食べた、という故事に由来する。 ...
  • 次へ