小豆飯

全て 名詞
49 の例文 (0.00 秒)
  • 彼等かれらにはへおりてからおもむろにかみひらいて小豆飯あづきめしつまんでべた。 ...
  • 内地の小豆飯はむしろこの類の神の好むところと考えられている。 ...
  • しかしこの話を聞いて3日以内に小豆飯を食べて手首に糸を括ると病気にならない。
  • これは毎年12月13日の夜にお参りして小豆飯をお供えしていた。 ...
  • 毎月10日には小豆飯をお供えしていたが、一切手がついていない。 ...
  • 小豆飯あづきめし昨日きのふことなつたことはなかつたが、菱餅ひしもち昨日きのふのやうにこめのではなくてどれでもあはばかりであつた。
  • 見られはしないかと思つてみると美人は玫瑰の花を手にした儘落した小豆飯には氣がつかぬ樣子である。 ...
  • 此夜は客といふのは余一人であるので別に支度もしなかつたから冷たくなつたが此で我慢をして呉れというて茶碗には小豆飯が堆くつけてある。 ...
  • その一方で小豆飯はハレの日の食べ物とされることも多い。 ...
  • 私などの田舎でも、夏の夕方の地蔵祭りは、村の子の最も楽しい時で、三角に結んだ小豆飯の味は、年をとるまで誰でも皆よく覚えています。 ...
  • 火にかけるとき小豆を加えて炊くと赤い小豆飯になる。 ...
  • それでもめしつぎのことなごと小豆飯あづきめしあかさがいくらかづつかはつてた。
  • 自分のまくら小豆あずきを取り出して、元日の夜、小豆飯をいてくれたのも勝五郎だ。 ...
  • 昭和8年には長野県でも似た噂が流行し、小学生が小豆飯を弁当に入れることから小学校を中心に伝播した。 ...
  • かみにくつゝいた小豆飯あづきめし彼等かれらかじるやうにしてとつた。 ...
  • また、「コメ余り」の時代以前にはかて飯として小豆飯を炊く場合も少なくなかった。 ...
  • めしつぎには大抵菱餅たいていひしもち小豆飯あづきめしとがれられてあつた。 ...
  • 次へ