小豆長光

全て 名詞
10 の例文 (0.00 秒)
  • 小豆長光は、鎌倉時代に作られたとされる日本刀である。 ...
  • 小豆長光の名前の由来は、ある百姓が小豆が入った袋を担いで歩いていた際に袋の割れ目から小豆が漏れ出てしまい、小豆が当たって刀の鞘が割れてしまった。 ...
  • 緋おどしの鎧をまとい、顔を練絹でおおい、小豆長光の長刀を腰に佩いた。 ...
  • 小豆長光あずきながみつの太刀を腰に横たえ、凜然りんぜんとして床几にうちかけている謙信を見た瞬間、と、於蝶はうっとりとなった。 ...
  • その太刀こそが小豆長光であったといわれており、歌川国芳が軍記物『北越太平記』を題材として書いたものには、謙信が振りかざした小豆長光の様子が書かれている。 ...
  • 此の九月十日の合戦こそ甲越戦記のクライマックスで、謙信が小豆あずき長光の銘刀をふりかぶって、信玄にきりつくること九回にわたったと言われている。 ...
  • 謙信の口から発した声か、振下ろした小豆長光あずきながみつの音か、せつなに、一人の法師武者は、彼の切ッ先からよろよろと後ろに仆れ、陣幕の紐をって仰向あおむけに転がった。 ...
  • また兵学に精通し、敬神家で、槍は一代に冠絶し、春日かすがの名槍を自在に繰り、剣をよくして、備前長船おさふね小豆長光二尺四寸五分の大刀を打ち振うのであるから、真に好個の武将である。 ...
  • しかし駒は名馬放生ほうじょう、太刀は小豆長光あずきながみつの二尺四寸。 ...