小豆色

全て 名詞
189 の例文 (0.01 秒)
  • 車は私が函館で見たこともなかった、小豆色をしたどっしりとした車だった。 ...
  • 小豆色の外車が一台こっちへゆっくりと走ってくるのが見えた。 ...
  • 小豆色の屋根が見えはじめた時、わたしはチェンバロの音を聞いた。 ...
  • 目の前には、小豆あずき色ののれんが三筋、中央に丸に成と染められていた。 ...
  • ビルの谷間を走る小豆色の電車は、京急蒲田駅で五分ほど停車した。 ...
  • 根元が赤く葉の付け根に小豆色のムカゴができるものを赤ミズと呼んでいる。 ...
  • 車体の外部塗装は小豆色で、側面に大きな京阪の社紋があしらわれていた。 ...
  • サービスシューズは米陸軍の最も基本的な履物である小豆色の革靴である。 ...
  • 皮膚にできたばかりの、小豆あずき色の火傷やけどを見つめながら煙草をふかす。 ...
  • 正面には清澄な空気をつんざいて、噴火山が濃い小豆あずき色に聳え立っていた。 ...
  • 過去には緑軸、青軸、ピンク軸や小豆色のものも発売されていた。 ...
  • もとは色がついていなかったブラジャーが、染みこんだ血で小豆色に染まっている。 ...
  • コンクリートだったはずの地面も、小豆色だったはずの屋根も、そして自分の姿さえも同じ色に変わる。 ...
  • 小豆色の水中葉を幾重にも茂らせ、ギボウシを赤くしたような草姿をしている。 ...
  • その婦人は黒っぽいコートを着て、古風な小豆あずき色のお高祖頭巾こそずきんをかぶっていた。 ...
  • 小豆色あずきいろのお高祖頭巾こそずきんで顔をくるんでいるのは、寒さをよけるためばかりではないであろう。 ...
  • 小豆あずき色をした花のつぼみのような肛門こうもんが、ヒクヒクと震えるのが見える。 ...
  • 次へ