小豆組

13 の例文 (0.00 秒)
  • などと言っている間に、小豆組の帽子ぼうしかぶったどぺ子が世界一周の旅に出ていった。
  • 小豆あずき組と柚子ゆず組の人間ピラミッドのレースはすでに始まっていた。 ...
  • だが、ファリアからおくれてバトンを受け取った小豆あずき組のセシルも負けてはいない。 ...
  • がっくりとひざく9人のポケロリと1人の人間からなる小豆あずき組リレーチーム。 ...
  • 「賢者はおのれかしこさゆえに、固定観念をだつしきれず敗れたか」 僕が言い終わると同時に、地上と空中に分離ぶんりした小豆あずき組の騎馬が合身した。
  • 一方の小豆組第5走者横乳よこちーは、横目でレスリングスタイルが再び立ち上がろうとしてもっかかいこける様子を見ながら女の子走りで駆けていく。 ...
  • 第10コース、小豆組は僕のポケロリがずらりと並ぶ。
  • バトンを受け取った小豆組・第9走者の瞳亜がセシルのオーラに後押しされるようにスタートダッシュを決める。
  • 目の前で展開された信じられない一瞬いっしゅんの光景に、だが、しーぽんは持ち前のクールさで動揺どうようする事なく、小豆組7番手、応援おうえん団長ファリアにバトンをたくした。 ...
  • 第1走者は、さくら組・スーパーヒロインポケロリVS小豆組・リリカ。 ...
  • そのまま小豆組は第6走者、死神しーぽんにバトンが手渡され、レスリングスタイルをほとんど周回遅れに追いんだ。 ...
  • 小豆組、世界一周わらしべ借り物競走、1位!