小豆相場

10 の例文 (0.00 秒)
  • 最初五十万投資した小豆相場が三日で二倍になったのに気を良くして売買を一任したら、それからは損をする一方なのよ。 ...
  • パリに憧れ留学が夢だったが、義父が小豆相場に失敗して断念。 ...
  • 大学卒業後、小豆相場を学びたいという理由から共栄物産に就職。 ...
  • 本社勤務を命じられ、小豆相場に関わることができたものの、実際には小豆相場の勉強ができたわけではなく10ヶ月で退職。 ...
  • それにヒサにとって堪えられなかったのは、直治の小豆相場の穴埋めに、残っている農地をかなり多く売却しなければならないことだった。 ...
  • この「おたぬきさん」に願をかけると福を呼ぶといい、米相場や小豆相場に手を出して首尾よく利をあげたのだの、富くじに当っただのという者があって、商売繁昌から子宝を授かりたいというのまでが、ぞろぞろとお詣りにやって来る。 ...
  • 俺たちの親父は、小豆相場にまんまとだまされて、家屋敷人手に渡したあげく、自殺しちまったのよ。 ...
  • 「貧乏御家人泣かせの利息を取る上に、昨年は米の買い占めをやって大儲けをしたそうじゃないか」 「こないだは小豆相場で派手にあてたようでございます」 貧乏人にはうらやましいような話で、と長助も苦笑した。 ...
  • 神主から「今年の小豆は凶作」という託宣を受けた木谷は、資金拡張のため、「福山誠造」の偽名を使い、小豆相場への投資を始めた。 ...