小豆玄七郎

5 の例文 (0.00 秒)
  • 小豆玄七郎がその一刀をふるい出すと、閃光せんこう旋舞して本人のからださえ見えぬほどになった。 ...
  • 御馬格兵衛はここまでふるえる声でいって、それから、「おまえ、言え」と横の小豆玄七郎にいった。 ...
  • 果たし合いの支度をしてすぐ来るように、という千姫さまからの下知を伝えられて、御馬格兵衛、小豆玄七郎、針ノ木銅貫の三人は勇躍して指定された庭へ向った。 ...
  • 小豆玄七郎はすれちがい、あっというまにその刀を奪い取って、よろめく相手から血しぶきをたてさせた。 ...
  • 青銅の金剛力士みたいな小豆玄七郎。 ...