小豆洗い

全て 名詞
19 の例文 (0.00 秒)
  • また、『妖怪大戦争』で自身が演じていた小豆洗いの扮装で姿を現すこともある。 ...
  • 小豆洗いの別種の妖怪ではなく、小豆洗いの正体を地域によっては婆として小豆婆と呼んだとする説もある。 ...
  • 小豆洗いと同じように小豆をとぐ音をたてる老婆の妖怪で、地域によって伝承が異なる。 ...
  • 愛媛県松山市に伝わる小豆洗いの話では、明治初期に川の洗い場に50歳ほどの女性が小豆と米を洗っていたため、そこには誰も洗濯に寄らず、その女はやがて死に去ったという。 ...
  • 茨城県や佐渡島でいう小豆洗いは、背が低く目の大きい法師姿で、笑いながら小豆を洗っているという。 ...
  • 岡山県赤磐郡では小豆洗い狐といって、川辺でキツネが小豆の音をたてるという。 ...
  • 小豆洗いまたは小豆とぎは、ショキショキと音をたてて川で小豆を洗うといわれる日本の妖怪。 ...
  • 柳田は論文の中で、夜汽車の音という近代が作り出した新しい音響に着目し、小豆洗いや砂まきの怪異を例に挙げて、山中で説明の付かない奇異な音を聞いたときに狸の仕業としたように、狸が音真似をして人を欺くという伝承が偽汽車の話の背後にあると述べた。 ...
  • この他にも、小豆洗い、傘化け、油すまし、妖怪横丁の会長などが登場する。 ...
  • 小豆洗いの正体を小動物とする地方もあり、新潟県刈羽郡小国町では山道でイタチが尻尾で小豆の音を立てているものが正体だといい、新潟県十日町市でもワイサコキイタチという悪戯イタチの仕業とされる。 ...
  • 長野県上水内郡小川村でも小豆洗いはイタチの鳴き声とされる。 ...
  • 新潟県松代町では、コチャタテムシが障子に置時計の音を立てるものが小豆洗いだという。 ...
  • 福島県ではヒキガエルの背と背をすり合わせることで疣が擦れ合った音が小豆洗いだともいい、根岸鎮衛の随筆『耳嚢』でもガマガエルが正体とされている。 ...
  • 石の穴の中に据えられた〝倉ぼっこ〟の足許や、〝目玉親父〟の椀、〝小豆洗い〟のたらいの中に硬貨がたくさん置いてあった。
  • その化け方やいたずらも愛嬌があって、一つ目小僧や見越しの入道、のっぺら坊、あるいは小豆洗いの音をたてたり、雨戸をたたいたりといった、他愛のない所で、どこか間がぬけている。 ...
  • 茨城県那珂郡額田地区の伝承の小豆洗いは女性であり、その正体は、400年以上前の額田佐竹氏が太田の佐竹本家と江戸氏の連合軍に攻め立てられて落城する前日に出陣し、帰らぬ旅路についた城主の父に対し、出陣祝いの小豆飯を炊いて進ぜた姫君の姿であるとする。 ...
  • 松ヶ枝町と大正町の歩道拡幅にともない、四百四十メートルの道路の両脇に、鬼太郎、ねずみ男、一反木綿、小豆あずき洗い、砂かけ婆など水木マンガでお馴染みの妖怪たちを三十七体ブロンズ像で並べ、モザイクタイルを敷いたカラー歩道にも妖怪の絵タイル二十枚をはめ込もうというもの。 ...