小豆沢

全て 名詞
50 の例文 (0.00 秒)
  • それがなんと小豆沢での思い出の土器片とまったく同じ模様のものであった。 ...
  • 両親の死を悲しんだ吉祥姫は都から戻り小豆沢の地に大日霊貴神社を建てて供養した。 ...
  • 八幡平小豆沢地区に伝わる伝統行事で、江戸時代から行なわれていると考えられている。 ...
  • 江戸時代は「十二天社」と呼ばれており、小豆沢村の鎮守であった。 ...
  • その土器の模様を見ると、なんと私が小豆沢の四枚畑貝塚で手にした土器片とまったく同じ模様がつけられているのであった。 ...
  • この地にも、小豆沢と同じ時代に大昔の人びとの生活の場があることを知り、感慨無量であった。 ...
  • 東原については、現在の小豆沢一丁目に「東原公園」が残されている。 ...
  • 小豆沢の酒が好きな老人の養子になり、芝刈りなどで働き、その代金で酒を買い老人に呑ませていたという。 ...
  • 西側山麓には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の下鷲の巣遺跡・小豆沢館跡・堂の上遺跡などの遺跡がある。 ...
  • 北で坂下、東で小豆沢、南で大原町、南西で前野町、西で相生町と隣接する。 ...
  • 遺構としてこの橋の北側の親柱が戸田市の戸田橋親水公園に、南側の親柱が板橋区の小豆沢公園に移された。 ...
  • たまたま板橋区志村の小豆沢あずさわから、新しく発見された土器の写真と解説が、数野さんからいただいた博物館の陳列目録に出ているのを読んだ。 ...
  • 写真を現像に出している間にも、 「小豆沢あずさわという地名はどうしてできたのでしょう」 という原稿を書かねばならず、そしてそのあとにはおぞましい「民謡クロスワードパズル」の恐怖が迫っているのであった。 ...
  • お告げ通り、娘は川上の小豆沢で一人の男に出合い、夫婦となって貧しいながら仲睦まじく暮らした。 ...
  • 社殿は志村古墳群を構成する「小豆沢観音塚古墳」の上に建っている。 ...
  • このとき私は、久しく忘れていた大昔の人びとの生活のありさま、過ぎし日東京の小豆沢に遺跡をたずね、そこに立ち、土器片を手にしたときの感激を、ほうふつと思い出すのだった。 ...
  • 区の中央部を小豆沢から赤塚にかけてほぼ東西に横断する 崖線が二丁目・三丁目の町域を通り、およそ20mの急峻な高低差に多くの坂道が作られている。 ...
  • 次へ