小豆大

29 の例文 (0.00 秒)
  • 着物を拡げてみると、上前の膝のあたりに、小豆大の穴ができていた。 ...
  • それが証拠に、左眼内側の鼻のつけねに小豆大のイボのような腫瘤しゆりゆうがある。 ...
  • ベカやんの言っていた通り眉間みけん小豆あずき大の赤いほくろが付いていた。 ...
  • 我に返ったような父親の鼻の頭に小豆大の赤い点が一粒命中したのが滑稽だった。 ...
  • なにか特徴はないかと思い出してもらったところ、母親は左のおしり小豆あずき大のホクロがあるはずだという。 ...
  • その大きさは止針頭大から米粒大ないし小豆大におよび、時に指頭大に拡大するのもある。 ...
  • 全体に小豆大のつぶつぶを産み出すと、そのつぶつぶを初めはゆっくりと、そしてだんだんと速度をつけ、回転さ せはじめたのだ。 ...
  • 表皮のないリンドレスタイプで、内部は小豆大の気孔が見られる。 ...
  • 右目の涙道の下に、うっすらと小豆大のしみがあった。 ...
  • 鼻の頭には、小豆大の黒子ほくろがあった。 ...
  • 地下には小豆大から小指頭大の球根があり、春に新芽を出す。 ...
  • 発疹は小豆大程度までの浮腫性紅斑であり、教科書的には癒合傾向を示さないとされているが、実際には多少癒合している症例が珍しくない。 ...
  • 右大脳に小豆大の出血が見られ、出血の様相は血塊が凝縮していて、一週間ぐらい前の出血と推定された。 ...
  • そして右まゆの上に、小さな傷跡があったのを、父親と証券会社の部長が記憶しており、手配書では「小豆大のあざ」のはずだった。 ...
  • 薬指に小豆あずき大の電流斑はんが見つかったのである。 ...
  • 其の容貌は誠に柔和な、少しながみの顔をして居て、特徴としては右のあご小豆大あづきだいあざがあり、其の端から三吋許りの長い白髪しらがが三本程生えて居ることであつた。 ...
  • 小豆あずき大のガラス片。 ...
  • 次へ