小豆坊

119 の例文 (0.00 秒)
  • 「若、出よりましたで」 小豆坊がそう知らせたのは七日目の夜だった。 ...
  • だが小豆坊は半刻ほどで立派なくらをつけた馬を二頭引き連れてきた。
  • 多武峰の修験者である小豆坊が前嗣に仕えているのもそのためである。 ...
  • こんな武張った相手と正面から争うほど、小豆坊は向こう見ずではない。 ...
  • 「どなたの車か確かめてくれ」 前嗣は車の外を歩く小豆坊に声をかけた。 ...
  • 「若、こんな所で何してはるんや」 小豆坊が背後から声をかけた。 ...
  • 手を借りようにも、小豆坊は敵を防ぐことに忙殺されている。 ...
  • 「若、飛丸の奴が戻りよりましたで」 小豆坊が庭に面したふすまを開けた。 ...
  • 前嗣は最後の一人が無事に帰るのを見届けると、小豆坊あずきぼう天狗飛丸てんぐとびまるを呼んだ。
  • 何かのはずみで火縄銃が暴発し、小豆坊の頭上を弾がかすめていった。
  • 石清水いわしみず八幡宮の森を南に見ながらしばらく進んだ時、小豆坊が急に焦臭きなくさい顔をした。 ...
  • たとえ鮫皮を撃ち殺したとしても、他の者たちが小豆坊を突き殺すのを防ぐことは出来ない。 ...
  • 「若、あと一町ばかりですがな」 牛車の外で小豆坊の声がした。 ...
  • 大葬の礼の費用のことで頭が一杯で、小豆坊の体調を気づかう余裕を失っていた。 ...
  • 「若、あきまへん」 小豆坊が腹立たしげに船着場の階段を下りてきた。 ...
  • その隙に小豆坊は使者の懐から密書を抜き取り、前嗣のもとに運んだ。 ...
  • あるいは、小豆坊の術に問題があったのではないか。 ...
  • 次へ