小豆坂の戦い

全て 名詞
43 の例文 (0.00 秒)
  • 天文17年の小豆坂の戦いでは、一族の朝比奈泰能や子・信置らと共に参戦。 ...
  • 第二次小豆坂の戦いにも参戦した。 ...
  • 天文17年3月に起こった第二次小豆坂の戦いでは先鋒を務める。 ...
  • ただ、村岡の岡崎城と松平広忠の織田方へ降伏した説を支持する研究者でも小豆坂の戦い段階では松平広忠が既に今川方に復帰していたとする見解もある。 ...
  • 天文17年に起こった、信長の父・織田信秀と今川義元との戦いである第二次小豆坂の戦いからストーリーが始まる。 ...
  • 小豆坂の戦いでは戦闘中に負傷しつつも奮戦した。 ...
  • 地内の小豆坂は、二度の小豆坂の戦いの舞台となった。 ...
  • 以後も信秀の戦いに参陣しており、特に天文11年に発生した小豆坂の戦いでは、手柄を上げたと言う。 ...
  • 信房の前半生は不明であるが、1542年の小豆坂の戦いには参陣しており、これ以前から織田信秀に仕えていたものと考えられる。 ...
  • 若年の頃、信元の下を去って織田信秀に属し、天文17年の第二次小豆坂の戦いで高名という。 ...
  • 物語は、小豆坂の戦いに敗れて矢傷を負った織田信秀が、三河から尾張に撤退する場面からシーンから始まる。 ...
  • 同11年三河国小豆坂の戦いで弟・孫介と共に功名し、小豆坂七本槍に数えられる。 ...
  • こちらの説では第一次小豆坂の戦いに加えて、後述する天文14年に生起したとされる安城合戦との整合性も問われることになる。 ...
  • 最終的には広忠は今川方の岡崎城主として死去したとみられるが、今川方への復帰の時期として村岡は同年9月28日の渡河原の合戦以前と小豆坂の戦いにおける今川氏の勝利後の2つの可能性があるとした上で、小豆坂の戦いでの広忠の行動を不審視して後者の可能性が高いとしている。 ...
  • しかし、その代わり天文11年に生起したとされる第一次小豆坂の戦いとの整合性が失われてしまう。 ...
  • 混乱の中重要拠点の安祥城は織田に奪われ、現在の岡崎市内で、織田対今川・松平連合軍の間で小豆坂の戦いが行われた。 ...
  • 天文17年の第2次小豆坂の戦いでは筋馬鎧に猪の立物をつけて力戦し、今川軍の勝利に貢献した。 ...
  • 次へ