小豆坂

22 の例文 (0.00 秒)
  • 天文11年、対織田信秀戦の小豆坂合戦では岡崎勢の与力に付けられる。 ...
  • 男川小学校、小豆坂小学校とともに岡崎市立美川中学校の学区を構成する。 ...
  • 「信長公記」は「8月上旬」のこととして小豆坂での戦闘をつぎのように記す。 ...
  • 美合小学校と小豆坂小学校とともに、岡崎市立美川中学校の学区を構成する。 ...
  • 地内の小豆坂は、二度の小豆坂の戦いの舞台となった。 ...
  • 天文十一年、信長がまだ九つのとき、信秀は三河みかわ小豆坂あずきざかで今川義元の大軍と戦ってみごとに撃退しているのである。 ...
  • 東部の自動車部品工場や駅周辺の鋳物工場が近年撤退し、羽根町字小豆坂3番地のクラタ産業の工場跡地にウイングタウン岡崎が建設された。
  • この戦いでは信秀はわずか数千の兵をひきいて出撃し、矢作川やはぎがわを越えて三河に討ち入り、小豆坂あずきざかで敵をむかえてたくみに戦闘し、ついに全軍を突撃せしめて十倍の敵をやぶった。 ...
  • 岡崎小学校の全児童と、羽根小学校の一部の児童と、小豆坂小学校の一部の児童が本校へ進学する。 ...
  • 下記の学区のうち、上和田町を除く区域は、羽根小学校と小豆坂小学校とともに岡崎市立南中学校の学区を構成する。 ...
  • 今川氏は、足利将軍の支流で、名門であり、義元のとき、東三河に侵入し、小豆坂あずきざかで信長の父織田信秀と衝突したことがある。 ...
  • 天文17年3月19日、三河小豆坂で尾張の織田信秀と戦い、織田軍を破った。 ...
  • 同書はこの戦いについて、世間では「尾張勢の勝軍」といわれているが「誠にかかる手痛き合戦は前代未聞」であったとし、造酒丞らを「小豆坂の七本槍」と呼んで語り継いだと記している。 ...
  • 同月10日、両軍は岡崎城東南の小豆坂において激突した。 ...
  • しかし小豆坂を登る時に今川先鋒の松平勢と鉢合わせしてしまい、応戦するも劣勢に立たされたために信秀本隊が陣を張る盗木の付近までひとまず退き、本隊と合流して松平勢を退ける。 ...
  • 天文16年、松平一族で、家督を狙う松平信孝が反乱を起こした際にも出陣し、また、翌年にも、尾張国の織田信秀が三河国に侵攻すると、今川氏の太原雪斎と広忠は小豆坂にて迎撃し、忠高もそれに従い織田軍と戦い、勝利を収めた。 ...
  • 今川義元も松平氏救援のため約1万の兵を太原雪斎を大将、朝比奈泰能を副将として出陣させ、同月19日に織田軍先鋒の信広と接触し小豆坂で合戦となった。 ...
  • 次へ