小豆あん

全て 名詞
10 の例文 (0.00 秒)
  • 一般的には、クッキー生地で小豆あんのかわりにチーズを包んでいる。 ...
  • 小豆あん、抹茶など、さまざまなものが加えられることも多い。 ...
  • アンピンは、湯で煮た餅で器に入れた小豆あんを挟むようにして食べる、雑煮の一種である。 ...
  • 小豆あんにおいては、こしあんと粒あんが利用されるが、隠元豆の粒あんは特徴的である。 ...
  • 江戸時代の中ごろに「煉羊羹」は寒天を材料として使用するようになり小豆あんと砂糖と寒天を練り上げるものに発展させた。 ...
  • 江戸時代の料理書『蒟蒻百珍』には、三角形にカットしたこんにゃくに小豆あんをかけた「早水無月」という料理があり、水無月との関連が指摘されている。 ...
  • 「煉羊羹」が日本の歴史に登場するのは1589年で、山城国伏見九郷の鶴屋の5代目岡本善右衛門が、テングサ・粗糖・小豆あんを用いて炊き上げる煉羊羹を開発し豊臣秀吉に献上した。 ...
  • 餡は小豆あんが主流だが、白あんやカスタードクリーム、いちごクリームなどの他、蒸しじゃがいもをマヨネーズで和えたポテマヨ、ハンバーグ、ソーセージなどの具材を用いた様々な派生商品も散見される。
  • 煮豆、角砂糖、ほうじ茶、小豆あん、合計三百九十円。 ...