小谷先生

763 の用例 (0.02 秒)
  • 小谷先生は学校の先生になってはじめて自分の授業を人にみてもらうのだ。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 前とちがうところは小谷先生が、それをあまり気にしなくなったことだ。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 小谷先生はハエの名まえをかいたカードを二十枚ほどこしらえてやった。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 小谷先生は保健室でねていたので、教頭先生が鉄三をつれて家へいった。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • そのころになると、たくさんの子どもたちが小谷先生をとりまいていた。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • そんなものをもっていた自分がいけないように小谷先生には思えた。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 功と純は眼にいっぱい涙をためて、じっと小谷先生の顔を見つめていた。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 小谷先生は学校で仕事をしていても、どこか心がひえている自分を感じた。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 純だけがなんだかばつの悪そうな顔をして小谷先生の手にぶらさがった。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 小谷先生がハエのことを調べる気になったのは夫婦げんかがもとである。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 小谷先生がかいたと思われる字、鉄三がかいたらしい字がまざっている。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • それから小谷先生の話をきいて、いいかげんにしとくことやなといった。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • その夜、小谷先生は小さな子どものように校長先生に送られて家へ帰った。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 三時間め、鉄三たちは小谷先生の眼のとどかないところにいってしまった。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 小谷先生は自分自身をうしろからおすようにして学校につれてきた。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 結婚しているとはいうものの小谷先生はまだ二十二歳の若さだ。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • それから、小谷先生は大きな荷物をさげてきました、とかいてください。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 学校がひけてから、きょうは二つ用事ができたわ、と小谷先生は思った。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • そのあいだ授業はおるすになっているのだから、小谷先生はいらいらする。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 小谷先生は子どもたちといっしょに、みさえのおみまいを買いにいった。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 次へ »