小耳に挟む

18 の例文 (0.00 秒)
  • 会話を小耳に挟んだのか、周囲にいた人々もまた目配せをし合っていた。 ...
  • 自分の母親の実家に伝わったいろいろの伝説なども小耳にはさんでいた。 ...
  • この表現は、いつか、叔母さんが言っているのを小耳に挟んだのである。 ...
  • 東京近郊から越してくるらしい、という噂だけを小耳に挟んでいた。 ...
  • 小耳に挟んだんだけどさ、おまえ少年課では曲者コロンボだといわれてるんだって? ...
  • 悠木が日航機事故のデスクになったことを小耳に挟んでいたのだろう。 ...
  • ただ水音の聞える庭の裏手に、舟着場があると小耳にはさんだことがあった。 ...
  • 最初に誘われた時から『超包子』についての話をあちこちで小耳に挟んだ。 ...
  • まあ、小耳に挟むくらいはしていたろうが、くらいには思ったかも知れない。 ...
  • だから、篤が死んだことを小耳に挟んでいながら、右から左に忘れていた。 ...
  • ところで昨夜ゆうべ彼は夕食の給仕をしたから、きっと何か小耳に挟んだのにちがいない。 ...
  • そのほとんどが、トイレや酒の席で小耳に挟んだ刑事たちの愚痴や陰口である。
  • わたしは、医師がスメスウィックに声を細めていっているのを小耳に挟んだ。 ...
  • 飛び交うおしゃべりを小耳にはさんだところ、まだ三人とも来ていないらしい。 ...
  • 原文に近い形で引用するが、きっと一度くらいは小耳に挟んだことがあるだろう。 ...
  • 最近小耳にはさんだ、彼女が酒を覚えたらしいという噂。 ...
  • ちょっと小耳に挟んで得た知識、あるいはなにかの本で読み部分的に知っているケースも多い。 ...