小笠原和彦

16 の用例 (0.00 秒)
  • 元極真空手家・小笠原和彦の立ち上げた創天会に所属する弟子である。
  • 今までいじられ役だったのがここでは小笠原和彦と組んでヒールとして活躍している。
  • この期間に黒澤浩樹・小笠原和彦・八巻建志・数見肇が独立し、自派を発足している。
  • 小笠原和彦と対戦し、裸絞めによるレフェリーストップ勝ちを収めた。
  • 決勝は同門の小笠原和彦と対戦し、延長3回の末、判定勝ちで初優勝を成し遂げた。
  • そして先輩である小笠原和彦の紹介で山田雅稔が管轄する東京都下城西支部へ再度移籍した。
  • また、「M君裁判を考える会」会員である小笠原和彦は冤罪説の立場から『宮崎勤事件 夢の中:彼はどこへいくのか』を書いている。
  • その後、極真会館会館時代の先輩である小笠原和彦を最高顧問として迎えて、組織拡大を図っている。
  • プロレスの舞台で活躍する師匠・小笠原和彦の元で対ZERO1-MAXにおける空手軍としてセコンドで活躍していた。
  • しかし、ウェーデルは4回戦で対戦した小笠原和彦に対して顔面殴打をしてしまい、痛恨の反則負けをしてしまった。
  • 参加者は増田の他に、松井章圭・小笠原和彦・緑健児ら、オープントーナメント全日本空手道選手権大会ベスト4経験者を含む17名の選手であった。
  • その一方で指導者としてのは山田は1978年8月に東京城西支部を設立後、全日本選手権で大西靖人・黒澤浩樹・増田章・田村悦宏を優勝、小笠原和彦を準優勝、市村直樹を同選手権で何度も入賞させるなど、多数の強豪選手を育て上げた。
  • 次いで、空手家の小笠原和彦が2月19日にゼブラーマンになることになり、2004年2月29日にプロレスリングZERO-ONEの両国国技館大会でデビューした。
  • 完遂者以外では1972年9月に大山泰彦は61人、1979年8月24日に三瓶啓二は49人、同年8月26日に中村誠は35人、三好一男は45人、1984年11月18日に小笠原和彦は43人で失敗に終わった。
  • 三瓶啓二・中村誠・三好一男らは、映画『四角いジャングル』の撮影を兼ね、小笠原和彦は千葉県内神社特設リングで、映画『最強のカラテ キョクシン』の撮影中に実施された。
  • ヒマラヤンタイガーも来日し、小笠原和彦、紅闘志也、澤宗紀、さらに在日ネパール人にしてキックボクシング王者のモハン・ドラゴン、ザ・グレート・カブキの息子であるTHE KABUKIも参戦した。