小砂利

166 の例文 (0.00 秒)
  • 父はその石を拾ってみたがそれは何の不思議もない小砂利に過ぎなかった。 ...
  • 玄関わき小砂利こじゃりの上にはかたちのよい自動車が主人を送って来て控えている。 ...
  • ジープは小砂利の敷いてある一応道と言えるようなところを走っている。 ...
  • やがて暫くしたら、この小さな靴が小砂利を踏む音を彼が聞く筈だった。 ...
  • 二人は小砂利のまじった砂を足の裏に感じながら小舟のほうに歩いていった。 ...
  • 小砂利が家じゅう敷きつめてあって、地獄極楽を観に来たような感じだった。 ...
  • 彼は自分の足音に耳を傾けた、靴底に両岸から風に運ばれて来た小砂利が鳴った。 ...
  • 大きな器に、小砂利や砂を入れて、その小砂利や砂を叩いたり突いたりもする。 ...
  • 工事場こうじば付近ふきんには、いし破片はへんや、小砂利こじゃりや、材木ざいもくなどがんでありました。 ...
  • 道には小砂利が洗い出され、木や草には水玉がキラキラ光っていた。 ...
  • 石の据えられている下に小砂利が敷かれているので、だからそんな音がたつのだ。 ...
  • それから二人は小砂利の上にタイヤを滑らして、暗い自動車道を走らせた。 ...
  • それから太いタイヤで小砂利こじゃりを巻き上げて、黒い四輪駆動車は発進した。 ...
  • じっくりと枕木も小砂利も濡れて、右も左も椴松の林が遠い、遠い、遠い。 ...
  • 自動車が小砂利をとばし、車輪に当ってピーンとそのとき鳴ったのだ。 ...
  • 箱根街道で車を降りた原田は、小砂利の道を山荘の正門に向かった。 ...
  • 道は小砂利を敷きつめてあって、その上を細かい砂が覆うている。 ...
  • 次へ