小県郡塩田

13 の用例 (0.00 秒)
  • 旧・上田市地区の小県郡塩田町の東部一帯を学区としている。
  • 馬場駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 石神駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 宮前駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 富士山駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • 東塩田駅は、かつて長野県小県郡塩田町にあった上田丸子電鉄西丸子線の駅である。
  • しかし小県郡塩田町立時代から別所・西塩田両小学校は児童数の減少が問題化され、上田市立になって以降顕著となっていた。
  • 旧・上田市地区の小県郡塩田町の中心部中塩田地籍の八木沢地区を除く全域を学区としている。
  • 上田市立中塩田小学校は1873年、学制頒布の翌年に「盈進学校」として開校したのがルーツとされているが同校は小県郡塩田町4小学校のうち一度も統合経験をもたずに歴史を重ねてきた唯一の学校である。
  • 箱根竹の下の合戦には足利尊氏の弟足利直義軍に加わって新田義貞軍を撃破する際に戦功があり、小県郡塩田庄を与えられていることから、村上信貞は足利尊氏が謀反を起こした際には足利方についている。
  • 応仁元年、海野氏が領していた小県郡塩田荘を奪い、応仁2年には海野荘に攻め入り千葉城の詰口を奪いこの時陣中から頭役料を諏訪上社に送っている。
  • 旧・上田市地区の小県郡塩田町の別所・西塩田地籍、中塩田地籍の八木沢地区を学区としている。
  • 応仁元年、村上氏との戦いで海野持幸が戦死して小県郡塩田荘が村上氏に奪われ、応仁2年にも村上氏と「海野大乱」と呼ばれる戦いを繰り広げ、海野氏の勢力は徐々に衰退していった。