小田原評定

全て 名詞
43 の例文 (0.00 秒)
  • 発令所の面子の小田原評定を聞いていたアスカは、覚悟を決めていた。 ...
  • 大の男が毛脛をそろえてここでこうして小田原評定をしていてもはじまらない。 ...
  • 長い小田原評定で、ほとんどボールに関する雑談と言ってよかった。 ...
  • このへんから会議は、所謂いわゆる小田原評定的な調子を露呈するに至った。 ...
  • この故事から、現在では小田原評定という言葉は「いつになっても結論の出ない会議や相談」という意味での比喩表現として使われる。 ...
  • たとえば同じような議論がはてしなく堂々めぐりする小田原評定的な会議などは、別の仕事をやりながらでも結構つとまることが多い。 ...
  • あいまいに小田原評定を重ねるだけならば、いくら熱弁をふるっても何にもならない。 ...
  • 必ず具体的に実行するだろうし、注意する旨の通達を出すか、あるいはそれによって起る混乱の方が怖ろしいか、小田原評定おだわらひようじようがつづけられた。 ...
  • 小田原評定をやって、一刻をもゆるうすべき時ではない。 ...
  • ここまで来て、なお、自信がないとか、証人の証言が信じられないと、小田原評定を重ねていたのでは、警察に対する不信感を招くだけだ。 ...
  • ところが、その日の午後になって、私たちが伯父の家の茶の間へ集まって、小田原評定をやっているところへ、一通の電報が配達されました。 ...
  • 蒸し暑い小さい車臺の中でかんかん照りつける西日を受けながら、例の小田原評定をまた始めた。 ...
  • はてしもない小田原評定ひようじようのようなやりとりの中から、次々に新しいアイデアも生れ、全員一致でうれしがるような決定事項もいくつも出た。 ...
  • 小田原評定のすえの結論は、銀の三分の二を市価に従って公貿易・私貿易に分けて買う、というところにおちついた。 ...
  • そしてその後を引きついで六人の老兎が政事を行うが、この六人が凡愚の衆で、毎日、小田原評定ひようじようばかり。 ...
  • ところが、その日の午後になって、私達が伯父の家の茶の間へ集って小田原評定おだわらひょうじょうをやっている所へ、一通の電報が配達されました。 ...
  • この篭城戦において、北条側が和議と抗戦継続をめぐって議論したが一向に結論が出なかった故事が小田原評定という言葉になっている。 ...
  • 次へ