小渕優子

18 の用例 (0.00 秒)
  • そして、小渕優子が当選した今、世間は彼女のコトなど忘れてしまったかのようだ。 中村うさぎ『屁タレどもよ!』より引用
  • 私は何も、「小渕優子をバッシングせよ」と言ってるワケではないのである。 中村うさぎ『屁タレどもよ!』より引用
  • 修了生としては自由民主党の衆議院議員小渕優子などが有名である。
  • 小渕優子さん、今回ばかりは、私もあなたに「あやかりたい」とは思えない。 中村うさぎ『屁タレどもよ!』より引用
  • 小渕優子が父・小渕恵三の死後も強力な地盤を守り続け、誰一人として比例復活を許していない保守王国である。
  • これは、内閣府特命担当大臣で初入閣した小渕優子が任命時34歳と9か月と戦後最年少での閣僚就任となったことを含めて50代以下が10人を占めたことによる。
  • 同日には第18代経済産業大臣小渕優子も辞任した。
  • 福田改造内閣では高市早苗と鴨下一郎が、第2次安倍内閣では小渕優子と鈴木俊一と、閣僚経験者が副大臣に起用されるなど新しい方向での模索もなされている。
  • 折田は小渕恵三とその娘の衆議院議員小渕優子の私設秘書を務めた人物で、入内島町長派・反町長派とも再び小渕派に回帰することになった。
  • 最終的に、松島みどり法務大臣、小渕優子経済産業大臣ともに2014年10月20日に辞任する結果となった。
  • しかし、8月12日は日本航空123便墜落事故と同日のため群馬県選出の小渕優子らが「日航機墜落事故が起きた日をお祝いするのは違和感を覚える」と懸念を示し、群馬県知事大澤正明が日付見直しを求めたことを受け、議員連盟は11月22日の総会で最終的に8月11日を山の日とすることを決定した。
  • これが、小渕優子、政界デビューの言い分である。 中村うさぎ『屁タレどもよ!』より引用
  • テレビドラマプロデューサー、小渕優子の夫である。
  • しかし、茂木敏充、小渕優子、宮澤洋一と交代が繰り返され、新設後わすか3か月で3名が就任するという異例の事態となった。
  • 小渕優子ネタを「美談」として報じる君たちを、私は許せない。 中村うさぎ『屁タレどもよ!』より引用
  • 当選同期に小渕優子や梶山弘志らがいる。
  • 安倍晋三をはじめとし、国務大臣としては麻生太郎、小渕優子、宮澤洋一、竹下亘、大臣政務官としては越智隆雄、小泉進次郎、橋本岳などが挙げられる。
  • 群馬は佐田玄一郎、井野俊郎、小渕優子が参加し、笹川博義、福田達夫、中曽根弘文、山本一太が不参加と分かれた。