小池新道

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 小池新道開設以前は、金木戸川沿いを遡る難ルートが利用されていた。 ...
  • さてその日はワサビ平から小池新道を経て鏡平で一泊。 ...
  • また、新穂高温泉から小池新道を登って来ると、双六岳と樅沢岳との間に出る。 ...
  • 小池新道の弓折岳と双六小屋の中間点付近には大規模なお花畑があり、「花見平」と呼ばれている。 ...
  • 飛騨山脈主稜線へは、林道を遡り小池新道から双六小屋方面へ向かう。 ...
  • 中部山岳国立公園内の飛騨山脈主稜線のルート上にあり、新穂高温泉方面の小池新道と笠ヶ岳からの稜線ルートとの交差点となっているため、利用者が多い小屋である。 ...
  • 鏡平山荘は、岐阜県高山市の小池新道の鏡平にある山小屋。 ...
  • 小池新道は何度も通ったが、石の間にヒメレンゲが咲き、秩父平はミヤマダイコンソウやシナノキンバイの大群落でその花のじゅうたんにすわって一時間ぐらいねたかった。 ...
  • ワサビ平から登ってくれば、双六小屋の小池氏がつくった小池新道を通り、蒲田川の水源を求める形に、ひたすらに巨岩の重なり合う河原を登りつめて鏡平に着き、たたえられた池の面に、槍や穂高の影の逆さに映るのを眺めることができる。 ...
  • thumb|小池新道から見下ろす鏡平にある鏡平山荘 thumb|鏡池と槍ヶ岳 鏡平山荘は1964年に上宝村の村会議員の小池義清にが建設を開始し翌年に開業された。 ...
  • 義清から経営を引き継いだ次男の潜は山岳写真家でもあり、小池新道周辺のわさび平小屋、鏡平山荘、黒部五郎小舎の経営も行っている。 ...
  • 雲ノ平への入り道アクセスは、長野県大町市から七倉ななくらを経て、湯俣ゆまた温泉から伊藤新道経由と、岐阜県側から小池新道を経由双六すごろく岳越え、また富山県方面から太郎平小屋を経由し薬師沢新道を伝う三コースが主たるものである。 ...
  • サムネイル|抜戸岳方面から望む弓折岳から双六小屋を経て双六岳へ至る稜線伝いの登山道 1955年に小池義清らにより開設された新穂高温泉を起点とする小池新道が、双六岳への最短のメインルートとなっている。 ...
  • またわさび平小屋を過ぎ、小池新道を鏡平山荘を経て登り詰めた弓折乗越から弓折岳に登り、稜線を笠ヶ岳に進み登頂することもできる。 ...
  • 小池新道の弓折岳山腹ではウラジロナナカマド、オオバミゾホオズキ、コイワカガミ、シモツケソウ、コバイケイソウ、ダケカンバ、トウヤクリンドウ、チングルマなど見られる。 ...