小林太

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 横浜の投手による一軍公式戦初先発初勝利は、の小林太志以来であった。
  • VP70の遊戯銃化は、小林太三の設計によって2度行われている。 ...
  • 小林太三副社長は独立し、自身のブランド、タニオコバを立ち上げることになった。 ...
  • 事件の発見者である小林太一は近くの酪農家で、この朝、母牛と二頭の仔牛こうしを連れて放牧場へ向かっていた。 ...
  • 開発に携わった小林太三開発部長によれば、当初はカート構造が複雑になりコスト増となる閉鎖型については否定的だったという。 ...
  • チームには同性の小林太志が在籍していたため、本名の「小林寛」を略称に使用した。 ...
  • MGCの製品は開発担当者だった小林太三のデザインによるものが多数を占め、初期の製品ではスライドアクションと呼ばれるモデルガン独自の作動機構を開発し、国内でロケが行われた007映画で使用されるなど人気を博し、装填・排莢・発火が楽しめる製品を主力商品としていた。 ...
  • そのとき、表門へ通ずる内塀の通用門から中小姓の小林太兵衛こばやしたへえが入って来て、石山とばったり顔を合わせた。 ...
  • トイガンとしての作動性能よりも実銃の外観、メカニズムの再現性を重視する作品が多いのが特徴であり、作動性能を重視するトイガンデザイナー小林太三の作品とは趣きが異なる。 ...
  • しかし、水面下ではモデルガンの人気復活を願うファンは多く、2004年には元MGC開発部長・小林太三やくろがねゆうらの呼びかけにより、製品化されていないブローバックモデルガンを作るイベント「全日本BLK化計画」がスタートするなど、モデルガンの人気を復活させるための活動は個々のファンの間で続いている。 ...
  • 水野祥太郎は小林太刀夫、小池文英らと共に日本リハビリテーション医学会を創立し、1964年に第1回学術集会の大会長を務めている。 ...
  • タニオアクションの名称は開発者 小林太三の幼少期のあだ名「タニオ」から付けられた俗称であり、MGCでの正式名ではないが、銃専門雑誌でも特に注釈なく使用されることが多い。 ...
  • 元東北楽天ゴールデンイーグルス監督の田尾安志がゼネラルマネージャーを務め、球団社長には元横浜DeNAベイスターズの小林太志が就任した。 ...
  • また同じくトランペット奏者で「BIG HORNS BEE」などで活躍している小林太は実弟。 ...
  • 旧知のトラック運転手・安曇野こと小林太一に誘われ、長野県上松町の材木トラック運転手に鞍替えした「やもめのジョナサン」こと松下金造。 ...