小川博文

14 の用例 (0.00 秒)
  • さらに相手ピッチャーが左投手になると小川博文を4番を打たせた日もあった。
  • 小川博文の台頭でから試合数が減りに33歳という若さで引退した。
  • しかし同じ関東の高校出身で甲子園での対戦経験もある小川博文がキャンプで練習パートナーとなるなど、オリックスではすぐにチームになじんでいった。
  • 拓大紅陵では同級生に佐藤幸彦が、2学年先輩に小川博文がいて、学校も野球部の強化に注力していた。
  • は同僚の石井丈裕や小川博文とともに五輪代表に選出され、筒井大助らとともに野手陣のまとめ役となった。
  • 一方で小川博文、種田仁を獲得してチームの主力として定着させた他、斎藤隆の抑えへの転向を成功させたり、木塚敦志の中継ぎ転向、相川亮二の正捕手への起用など、後の横浜の基礎となる選手の育成、チームの再編成も見られた。
  • しかし同年は3・4番の小川博文と中島輝士もドラフト指名されたため、プリンスホテルの監督石山建一が石井のプロ入りに難色を示した。
  • チームが2位となった1997年には自己最多の53試合に出場するも、日本一になった翌年は出場試合が激減し、2000年オフに進藤達哉・戸叶尚と共に前田和之・杉本友・小川博文との3対3のトレードでオリックスに移籍する。
  • プロデビュー戦はの開幕戦、千葉マリンスタジアムでの対ロッテ戦で、前年のベストナイン遊撃手でオールスターゲームにも出場した小川博文を差し置いて、9番・遊撃手で新人開幕戦先発出場を果たした。
  • しかしオリックスでは実績を残せず、オフに戸叶尚、進藤達哉、新井潔との交換トレードで杉本友、小川博文とともに横浜へ移籍し、登録名も本名に戻した。
  • そのまま最終回を迎えたヤクルトは、ここでストッパー高津をつぎ込まずに川崎を続投させたが、オリックスは先頭の小川博文が起死回生の同点ホームランを放ち、その裏のサヨナラのピンチでは野田をつぎ込む執念の継投でしのぎ、このシリーズ3試合連続の延長戦に突入した。
  • 小川博文を擁する拓大紅陵に2回戦で敗れている。
  • 第4戦も1-0とヤクルトがリードしていたが、オリックスは9回表に先頭の小川博文が完封目前の川崎憲次郎から同点ホームランを叩き込み、延長戦にもつれ込んだ。
  • しかし、1年目の1997年に優勝争いの終盤に先発ローテーション入り3勝を挙げた、翌年は0勝7敗でシーズンを終えるなどなかなか才能が開花せず、オフに戸叶尚、進藤達哉、新井潔との交換トレードで、前田和之、小川博文と共に横浜ベイスターズに移籍した。