小学唱歌

73 の用例 (0.00 秒)
  • それらの歌は必ず、明治大正から昭和のはじめの小学唱歌である。 佐藤愛子『冥途のお客』より引用
  • 小学唱歌集を一番から十番まで順にいチョクレと言いイーつけたのはこのわしでありますよ。 井上ひさし『國語元年』より引用
  • 先に編集された『新訂尋常小学唱歌』からは大きな変更点があった。
  • 祖母がよく歌っていたという昔の小学唱歌である。 向田邦子『隣りの女』より引用
  • このメロディーは明治時代から小学唱歌として親しまれたものです。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • それは小学唱歌であったり、戦前の流行歌だったりするのだが、愛唱歌というわけでもない。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 国定教科書にあったのか小学唱歌にあったのか、少年の時に歌った歌の文句がおもい出された。 梶井基次郎『城のある町にて』より引用
  • しかし下記にあるように、尋常小学唱歌を数多く作曲したという伝聞がある。
  • 一般に小学唱歌として知られている、佐佐木信綱ささきのぶつな作詞の「夏は来ぬ」である。 大岡信『名句歌ごよみ〔夏〕』より引用
  • この、日本最初の小学唱歌のひとつが終り近くになるころ、ゆっくりと照明あかりが入ってくる。 井上ひさし『國語元年』より引用
  • 後に編纂された新訂尋常小学唱歌には収録されていない。
  • なお、この時の改訂で唱歌集の題名は『満州小学唱歌集』に変更されている。
  • 合議制の作品集であると同時に文部省の買取原稿の形をとったということからも、尋常小学唱歌に採用された曲のほぼ全てについて、個人の著作物とすることは難しい。
  • 昭和初期まで20年近く使用され、次の『新訂尋常小学唱歌』にも大半の曲が再録された。
  • 高等小学唱歌は、1930年に文部省が発行した高等小学校用の唱歌の教科書である。
  • 当時の子供が歌う歌としては小学唱歌があったが、硬い語感のある歌詞や教訓的な内容は、子供の自然な感情から離れたものであった。
  • 新しく作曲された曲は『尋常小学唱歌』の頃とは異なり、合議制ではなく個々の作者がそれぞれ別々の曲をつくった。
  • 明治のころから小学唱歌があります。 安野光雅/藤原正彦『世にも美しい日本語入門』より引用
  • 新訂高等小学唱歌は、1935年に文部省が発行した高等小学校用の唱歌教科書である。
  • 東京生まれでドイツ留学という点で、「尋常小学唱歌」作曲主任であった東京音 楽学校の島崎赤太郎教授とは標準語のアクセント重視という点で気脈を通じていたと考えられる。
  • 次へ »

小学唱歌 の使われ方