小女の召使い

27 の用例 (0.00 秒)
  • 「サリーさんはあの男をしっかりおさえてるの」小女の召使いは答えた。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 小女の召使いが、鋭くぬかりのない女であるのは、好都合なことだった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 小女の召使いに二度くりかえして命ずる必要はなく、皿はすぐにからになった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 「あの人たちは、あたしにとてもひもじい思いをさせてたの」小女の召使いはいった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 心の中でこの問題を考えてみればみるほど、あのみじめな小女の召使いが犯人ではないかという思いが、だんだんとディックに強くなっていった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 「サリーさんの腕にはおよびもつかないわ、そうよ」頭をふりながら、小女の召使いは答えた。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • だが、小女の召使いは話をとめ、人さし指を立てたので、その円錐形は静かに姿を消していったが、彼の不安のようすは消えなかった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • そこで、商店以外のところではこんなことは考えられぬものと考えていた小女の召使いは、片足に靴をつっかけたままの姿でその場に棒立ちになり、口と目から同時に液体を流しだし、もう口もきけない状態になった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 「ふたりはよくクウィルプさんに会いにいくことよ」ぬかりない顔つきをして、小女の召使いはいった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 仕事の疲労のあとで彼が何度か奇妙な運動をやって元気をつけ、それを逐一ちくいちこの小女の召使いにみていられたかと漠然と思うと、スウィヴェラー氏はそうとうドギマギしてしまった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 小女の召使いは、頭をコクリとさせ、目をパチパチとさせた。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 小女の召使いは、だんだん、スウィヴェラー氏と同じくらい興奮してきて、彼が寝台で起きあがり、この話をだれかほかの人にしたかどうか? ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 「おお、最悪のことなんて、べつにないのよ」小女の召使いはいった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • だが、小女の召使いがすぐに話をやめてしまったので、彼はまたもとの静かな状態にもどり、ふたりの盟約を一時的に忘れたことをわびて、話を進めるようにとたのみこんだ。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • このあいだじゅうズッと、チャクスター氏がドアのところに立っていたので、小女の召使いはこわくてそばに近づけないでいた。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 彼女の顔はすごい落ち着きをあらわしてはいたものの、彼女がまったく虚をつかれ、小女の召使いについて文句をつけられるものと予期していたことが、これとはひどくかけちがったものだったことは、明らかだった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 小女の召使いは、顔をひきねじってひどく狡猾さをからみこませた表情をし、頭をふった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 「とても小さな火ならね」小女の召使いは答えた。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 戸口で小僧の運んできたものを受けとって、不意打ちを食わぬように小女の召使いにドアをしっかり閉じるように命じて、スウィヴェラー氏は彼女のあとにしたがって台所におりていった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 大急ぎで小女の召使いは、紙に書きつけた宛て名を与えられ、父親と息子の特徴を伝えられて、これで彼女はそのどちらもすぐにわかるようになり、キットにたいする反感がわかっていたので、チャクスター氏をさけるようにと注意を受けた。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 次へ »