小出博

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • これについては1950年代は鉱床学や土木地質学が応用地質学とほぼ同義であったことに対して、このような枠を超えようとした小出博の試みであると評価している。 ...
  • それを担ったのが安芸皎一が事務局長を務めた経済安定本部資源調査会の地域計画部会で小出博、栗原東洋、新沢嘉芽統らを中心にして,「日本古来の治水技術を文化遺産としてう一度評価」してそれを一つの拠り所とした新たな技術論の構築が目指された。 ...