小倉織

全て 名詞
35 の例文 (0.00 秒)
  • 小倉織の起源は、正確な文献が発見されておらず、不明であるが、以下の説がある。 ...
  • この頃、小倉織はその丈夫さを活かし、学生服の布地として用いられていた。 ...
  • 幕末になると、政治情勢の影響で商取引が混乱するなど、小倉織の生産も激減。 ...
  • しかし、その当時の小倉織製造従事者は4戸、織工は30名だった。 ...
  • それは小倉織こくらおりで、普通の学生には見出みいだべからざるほどに、太い縞柄しまがら派出はでな物であった。 ...
  • コストの高い手工業製品の小倉織は苦しい競争を余儀なくされた。 ...
  • また、江戸時代に設けられていた身分的制限により、衣類が木綿に限られていたことや、小倉織の丈夫さから、武士だけでなく広く庶民の間でも実用品として用いられた。 ...
  • 児島の繊維産業は近世の小倉織や真田紐などの織物業に起源を持つ。 ...
  • 座席生地は「博多織や小倉織などのような九州の伝統的な織物」をイメージしたデザインの青いモケットとなった。 ...
  • 一時、小倉織の生産は姿を消し、明治維新後まで衰微した。
  • そうして機械ができて糸は極度に細くなったのみならず、男も後々のちのち小倉織こくらおりのような地の詰まったものを詰襟つめえりにして、ぴたりと身に着けて汗だらけになり、またすぐに裸になりたがる。 ...
  • しかし、既に岡山県や愛媛県などで、小倉織を真似て製造する織物会社が大量生産可能な近代的工場により発展。 ...
  • また小倉織おぐらおりと云う織方おりかたの唄は少し違って居ります。 ...
  • 父は児島郡田之口村出身の小倉織を扱う商人で織元。 ...
  • この話が伝わり、武士の間で、小倉織の袴が災難除けの袴として用いられ、全国的に広がったといわれている。 ...
  • その後、小倉織を藩の専売制にしたが、これが生産体制を混乱させ、品質が悪化、価格が高騰し、小倉織生産の衰退を招いたとされている。 ...
  • 江戸後期から明治頃まで小倉織、および真田紐の一大産地であり、備前小倉織と呼ばれた。 ...
  • 次へ