小じま

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 私たちを迎えた陸は幅三キロに長さ八キロの無人の小島にすぎなかった。 ...
  • なに、明日になったらなおるだろうから行きましょうと小島さんはいう。 ...
  • 住民にも政府にも知られていない小島は珍しくないとか聞きますが。 ...
  • いくつかの灰色の岩の小島が、白帆をあげたアラビア船のように見えた。 ...
  • 腰をとられて、わたしは小島孝にあやつられる人形のような気分だった。 ...
  • そこで選ばれたのが北緯二度のトゥマコ湾にあるガロという小島である。 ...
  • 小島医師の左手から、杯が落ちて畳の上をどこまでも転がっていった。 ...
  • しかし、鬼小島おにこじまの方では知られていないと思っているかもしれない。 ...
  • そのどれもが、東西数マイル、幅は半マイルもないような小島である。 ...
  • 江ノ島はこんもりとした山のようにも見える周囲三キロほどの小島である。 ...
  • タイの沖、アンダマン海に浮かぶ小島には不思議な伝説の湖があります。
  • これらの小島に抱かれたこの集落の海は、ふだんは岸を洗う波さえない。 ...
  • 黒いゴマ粒と見えたのは海上に突き出た幾つもの岩だらけの小島だった。 ...
  • 三宅島は東西八キロ、南北九キロ、周囲三十六キロ足らずという小島だ。 ...
  • そうそう、小島さんを送ってきた車は、誰が運転していたんですか?
  • 南海公園の小島の岸には、まだ釣りの遊びをしている人々が見られました。 ...
  • 小さなバラックがあるだけの小島で、整備員が甲斐甲斐しく働いていた。 ...