小さな砂利

11 の例文 (0.00 秒)
  • その小さな砂利の上に乗っている自分の足。 ...
  • 上流部の河床は岩や角の尖った石でできており、下流部では小さな砂利や砂や泥でできている。 ...
  • 足下でも、小さな砂利達が身の丈の倍以上ある影を従えていた。 ...
  • はじめは小さな砂利を踏む足音と、潮騒を思わせる遠いざわめきしか聞こえない。 ...
  • 四角く切立った歯の底の所に薄く泥がついており、濡れて光った泥のあいだには魚の卵のようにつながった小さな砂利がいっぱい食いこんでいる。 ...
  • 石の据わる狭いぐるりだけ木の枠を四方につけ、その中に小さな砂利を敷き、上からコンクリートを流した。 ...
  • 車輪がはじいた小さな砂利じゃりをコツンと私にぶつけただけで、馬車は無情にもリーフィシー城の高いへいの中へと消えていってしまった。 ...
  • ただし、雄じまと雌じまの山裾の合うあたりに、岩の割れ目が凹状態になっており、中に小さな砂利が敷き詰められてあたかも井戸のような所があり、そこに雨水がたまり上陸した人が使ったとも考えられる。 ...
  • 砂防ダムの工法を、土砂を全部貯めるのではなく、災害を起こすような巨石や流木を止め、粒径の小さな砂利は下流へ流すスリット型ダムを採用するなど、山から川、海岸までの自然の土砂の流れを極力妨げない総合土砂管理という取組みが着手されている。 ...
  • 「ピョウタン」の語源はアイヌ語で「小さな砂利の多いところ」という意味の「ピヨロ・コタン」とされるが、「ヒョウタン」から転じたという説もある。 ...