小さな地所

16 の用例 (0.00 秒)
  • 一八六九年か一八七〇年頃に、ヨーロッパへ帰ってきまして、サセックスに小さな地所屋敷を持ちました。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • ところが運のよいことに、その小さな地所の一部に漂布土のうもれているのを見つけたのです。 ドイル『技師の親指』より引用
  • 彼の生活はこの小さな地所にしっかり根を張っていて、ここから遠ざかる気力はとても彼にはないことが感じられた。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • 現在は小さな地所が2つあるだけとなっている。
  • お庭の手入れもしなければならなかった、姉妹は小さな地所を四等分して、それぞれきなものを植えることにしていた。 オルコット/吉田勝江訳『若草物語 1上』より引用
  • その生活は農場と小さな地所に結び付けられていた。
  • これは、私がアブルッチ地方にもっている小さな地所の名ですが、仮装売買の手をつかえばあの人の所有にする方法もございましょう。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • ちょうど、侯爵が下ラングドック地方にもっている小さな地所と家屋の管理を任せられたところだった。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • ついでディー判事は小さな地所のもめごとに関係するものたちを連れて来させ、その問題の決着に少し時間をかけた。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • しかし六五年南軍の総帥そうすいリー将軍降伏後こうふくごは、ふたたび農場へ帰って、三、四年そこでくらしていましたが、一八六九年か七〇年かにこちらへ帰ってきて、サセックス州のホーシャムのちかくに小さな地所を買いとって、そこに住むことになりました。 ドイル『オレンジの種五つ』より引用
  • ド・レナル氏の庭園は、石垣だらけになっていたばかりではなく、彼が大金を投じてばらばらに買い求めたいくつかの小さな地所の上に造られたものだというので、なおさら人々の嘆賞を得ているのだ。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • それは、そのあばら屋の住人のいやしい名が無気味な恐怖でのろわれるほどの死にざまであったし、また、その男が住まった小さな地所をすきで掘っくり返し、男の住所も名前も人々の頭から抹殺するほうが、宗教的な行為であるとさえ、いえるほどであったのだ。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • むしろ小さな地所ではあっても、財を持てば心がゆるみ、稼業はおろそかになる、独り占めの欲が出て兄弟不仲ふなかの種にさえなるでしょう。 杉本苑子『続今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • タオ・ガンが帰ってみると、ディー判事は上級書記官、文書課長とともに係争中の小さな地所について協議しているところだった。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • クルの住人は唯一の定住ベッルウィ族であるダイフ・アッラー老人で、先祖伝来の台地にある小さな地所で、娘たちと昼夜の別なく働いていた。 T・E・ロレンス/安引宏訳『砂漠の叛乱』より引用
  • というのも、自分のすすめで、コンスタンツェが、数年前から、ケルンテン門を出たところに小さな地所を借り、ちょっぴり野菜を作ていたからである。 メーリケ/浜川祥枝訳『旅の日のモーツァルト』より引用