将棋や囲碁

33 の用例 (0.00 秒)
  • 日本でも将棋や囲碁のアマチュア大会では積極的に採用されている。
  • ここでは、将棋や囲碁などのマインドスポーツの記録についても記述している。
  • 将棋や囲碁と同じく、専門誌のライターや新聞社に所属する記者が担当することが多い。
  • また将棋や囲碁と比べ駒数が少なく、1プレーは5分~15分程度である。
  • 俺は麻雀ってゲームが将棋しょうぎ囲碁いごおとっているとは思ってない。 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • それは、将棋や囲碁とは決定的にちがうと、彼は解説していた。 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • 肉体的なスポーツに関しては上記のように言えるが、メンタルスポーツと呼ばれるような将棋や囲碁などの一部歴史のあるものに関しては下部組織が非常に発達している。
  • ルール上偶然の要素はなく、ゲーム理論では将棋や囲碁と同じく二人零和有限確定完全情報ゲームに分類される。
  • 将棋や囲碁で使用される盤にある線を罫と呼ぶ。
  • チェスには将棋や囲碁のようなプロ制度が無く、大半の選手は書籍の執筆やコーチで生計を立てているが、それらが得意でない者の中には真剣で収入を確保する者もいる。
  • 将棋や囲碁の一部のタイトル戦では2日にわたって対局が行われ、指しかけにはすべてに封じ手が用いられる。
  • 将棋や囲碁の対局が数多く行われ、陣屋事件の舞台としても知られるほか、近年ではタイトル戦のときだけ特別に用意されるカレーライスが隠れた名物となっている。
  • つまり、きわめて高度な思考を伴うはずの将棋や囲碁であっても、その形態がテレビゲームであればゲーム脳の原因となり、実物がテレビゲームのものとは対照的にゲーム脳抑止に効果があるとする根拠は「腕を動かすから」の一点のみであるという見解を示している。
  • 大局観とは、将棋や囲碁などのボードゲームで、的確な形勢判断を行う能力のこと。
  • 特に将棋や囲碁などの二人零和有限確定完全情報ゲームなどは運が関係しないため、純粋に頭脳の戦いとなるが、これとは別に相手の思考や判断を、妨害したり弱体化させることで、結果として自分が優位になるように図るのが盤外戦の基本である。
  • さらには、将棋や囲碁といった、偶然の要素がないマインドスポーツでもギャンブルが行われることがあり、それらのギャンブルで生計を立てていた人は真剣師と呼ばれた。
  • 将棋や囲碁、盤双六といったゲームでは古くから賭博としても行われており、そのなかで博打好きの相手をなりわいとするものが現れた。
  • 力戦とは、将棋や囲碁では、定石から外れた戦いのことである。
  • 桜井の弁によれば、将棋や囲碁のプロなどと比べて、麻雀プロという名を持つ人々の自覚に欠ける点を感じ、彼らへの叱咤激励の意味で参加していたが、そのプロが変わるという希望が持てなくなったことを、参加しなくなった理由の一つにあげている。
  • 立会人とは、選挙、スポーツの試合、将棋や囲碁の対局などで不正がないか、記録が正規に行われたかなどを見届けることを仕事とする人のことである。
  • 次へ »