射す

全て 動詞
646 の用例 (0.01 秒)
  • 背後はいごの窓からしこんでいる太陽の光が、ゆかの上にい影を作っている。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • その時彼はその門口かどぐちからす強い光を浴びた男の女の顔を横から一目見た。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • しているわけでもないのに二人の窓にはカーテンが引いてある。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • だがこの人を食った言葉のなかに僅かだが信頼の光が射しこんでいる。 モーリアック/遠藤周作訳『愛の砂漠』より引用
  • そのとき、並木道の角から馬車の側灯の光が弧を描くように射してきた。 ドイル・アーサー・コナン『ボヘミアの醜聞』より引用
  • 今さき朝起きた筈だのにと思っているともう夕日が窓から射して来る。 横光利一『旅愁』より引用
  • そのぼんやりした光の中には気味の悪い毒々しい物の影が射してゐた。 田中貢太郎『蟇の血』より引用
  • 昨夜と違うのは、外から明るい陽が部屋に射しこんでいることである。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • 隣の社の境内から朝日が静かに射しているのも嬉しいことの一つだった。 島田清次郎『地上』より引用
  • 陽の射し具合が強すぎるので私は、いつも其処では帽子をかむつてゐた。 牧野信一『悪筆』より引用
  • そして内よりはあかりが射し、外よりは月の光を受けて彼の姿が明白はつきりと見える。 国木田独歩『少年の悲哀』より引用
  • 小百合は、明るい光の射し入る窓の方へと歩いて行って、表を眺めた。 赤川次郎『殺意はさりげなく』より引用
  • 樹が繁っていますから月はよく見えなくて、葉隠れに光がすだけです。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • つぎあさしなはまだ隙間すきまからうすあかりのしたばかりにめた。 長塚節『土』より引用
  • その時彼はその門口かどぐちから射す強い光を浴びた男と女の顔を横から一眼見た。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 白い日の光が、むねの中にもゆるやかにしこんでいるような気がした。 上橋菜穂子『守り人シリーズ12 守り人作品集 炎路を行く者』より引用
  • 中庭には陽が射したことなど一度もないと思えるほどんやりとしている。 柳美里『女学生の友』より引用
  • そこから射してくるわずかばかりの光に、階段の前に浮かぶ船影が見えた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • そして千八百七十三年五月一日の夜明けの光がほのぼのとしてきました。 豊島与志雄『アフリカのスタンレー』より引用
  • 窓の外は陰気な霧に包まれたり、時とすると薄日がかすかに射したりした。 島崎藤村『家』より引用
  • 次へ »

射す で始まる単語