専門分化

27 の用例 (0.00 秒)
  • ただし、医学界といっても、その専門分化によって論理の内実は変わる。
  • 専門分化につける薬、つまりフィード・バックは、やはり学問しかない。 養老孟司『脳の見方』より引用
  • 専門分化の時代に入って、今や優れた研究は常に深く鋭くなのである。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • だが、潜水艦せんすいかん対策は、海上航空の専門分化によってかなり解決することができた。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • 様々な事案に機動的に対応することを目的として、任務に応じ専門分化した組織が編成されている。
  • これだけ科学が専門分化しては、事実、どうにもならない。 養老孟司『脳の見方』より引用
  • 専門分化は、一面、たしかに自由であり、個性を尊重することである。 養老孟司『脳の見方』より引用
  • 彼の書物が扱うテーマの幅広さと深さは、学問の専門分化が著しい現在、稀に見るものである。
  • 学問の専門分化にともなう必然的な現象なのかもしれないが、あまり望ましいこととは思えない。 堀淳一『物理の風景―数理物理学者の見た世界』より引用
  • 現在、世の中では、科学の専門分化がうんぬんされている。 養老孟司『脳の見方』より引用
  • 自国において科学を成熟させ、制度化して専門分化させてきた西洋諸国と違い、明治政府はそれらの「科学」を導入していった経緯を持っている。
  • そしていまは専門分化の時代だ。 カーソン/青樹簗一『沈黙の春』より引用
  • しかし、このような専門分化が進むことによって「何でも扱ってしまう」傾向に拍車がかかり、社会にあるすべての現象が社会学の研究対象とみなされるようになってきた。
  • こうして、国家が統治組織として専門分化することにより、統治される対象としての「社会」が自律的な領域として分化していくことになる。
  • 専門分化は昆虫のためにあるものだ。 ハインライン『愛に時間を2』より引用
  • 近代の自然科学では主知主義化や合理化が行われた、また学問は個々の領域において専門分化が進んでしまい、「真なる存在への道」という理想は失ってしまっており、もはや生の意味を学問に求めることなどできはしない、と述べる。
  • 彼はこの書籍で、地球と人類が生き残るためには、個々の学問分野や個々の国家といった専門分化された限定的なシステムでは地球全体を襲う問題は解決できないことを論じ、地球を包括的・総合的な視点から考え理解することが重要であり、そのために教育や世界のシステムを組みなおすべきだとした。
  • そして専門分化に至る業態の現状からの「統合」を目指している他、名称には連盟・UNIONを掲げ、国際組織であることを指向する。
  • 現代科学の専門分化による、おそらく最大の弊害は、 「それなら脳の生理学者の仕事でしょう」 というところではないか。 養老孟司『脳の見方』より引用
  • アンガーの学問スタイルは,知識の専門分化に抗しながら,実在の全体像に迫ろうする哲学者のそれである。
  • 次へ »