対日戦勝後

17 の例文 (0.00 秒)
  • 対日戦勝後、第5旅派、山東人民解放軍第5師、第6師及び独立団に拡張された。
  • 対日戦勝後、晋冀魯豫軍区第4縦隊に改編され、曽思玉が司令に任命された。 ...
  • 第63集団軍の前身は、対日戦勝後に各種遊撃隊を集めて編成された晋察冀軍区第3縦隊である。 ...
  • 対日戦勝後、両師は華東野戦軍第2縦隊に編入され、韋国清将軍が縦隊司令兼政治委員に任命された。 ...
  • 対日戦勝後、新四軍の第1師、第6師の一部から、華東野戦軍第4縦隊が編成され、陶勇将軍が司令に任命された。 ...
  • 対日戦勝後、膠東軍区主力は東北部に進軍した。 ...
  • 対日戦勝後、太岳縦隊を率いて、上党戦役に参加。
  • 対日戦勝後も、晋察冀軍区司令員兼政治委員、中共晋察冀中央局書記に留任した。 ...
  • 対日戦勝後、晋察冀軍区第2縦隊に改編され、郭天民が司令に、李志民が政治委員に任命された。 ...
  • 対日戦勝後、渤海軍区主力は東北部に進軍し、残余部隊から華東野戦軍第10縦隊が編成され、宋時輪が司令に任命された。 ...
  • 対日戦勝後、北平軍事調処執行部中共代表団参謀長となり、葉剣英の国民党及びアメリカ代表との交渉を助力した。 ...
  • 対日戦勝後、蔣介石を首班とする国民党政府は、アメリカの援助下、東北部に大兵力を進軍させ、共産勢力の消滅と東北部の独占を図った。 ...
  • 対日戦勝後、晋冀魯豫軍区第4縦隊政治委員、太岳兵団政治委員。 ...
  • 対日戦勝後、東北部に移り、東北軍政学校政治委員、東北民主連軍政治部副主任兼連絡部部長、中共長春市委員会書記、東北野戦軍政治部副主任兼後勤部政治委員を歴任し、東北二線兵団の組織、捕虜の改造、敵軍の瓦解工作を担当した。
  • 対日戦勝後、1945年10月25日、華中に留まった新四軍部隊から華中軍区が編成され、張鼎丞が司令員、鄧子恢が政治委員、粟裕、張愛萍が副司令員、譚震林が副政治委員兼政治部主任、鍾期光が政治部副主任に任命された。 ...
  • 対日戦勝後、晋察冀軍区第1野戦軍冀中縦隊司令員、晋察冀軍区第3縦隊司令員兼政治委員、晋察冀野戦軍第二政治委員、中共晋察冀中央局委員を歴任し、清風店戦役、石家荘戦役、平漢北段戦役等を指揮した。 ...