寺田町

30 の例文 (0.00 秒)
  • 玉造線の電車通へ出て、寺田町の方へ二人はとぼとぼ歩いて行った。 ...
  • ある日、中学校の廊下で一人の友人に声をかけられ、誘われるままに寺田町の家までついていった。 ...
  • 寺田町を西へ折れて、天王寺西門前を南へ行くと、阿倍野橋だ。 ...
  • 寺田町は平成13年まで松尾連合に所属していたが、校区の変更により同14年から郷荘連合に移った。 ...
  • 東で寺田町、南で町田市相原町、西で初沢町、北で狭間町・椚田町と隣接する。 ...
  • 寺田町付近まで蛇行した川筋であるが、以東は河川改修工事によりゆるやかな川筋となっている。 ...
  • 現在の寺田町・五十鈴町・学園町・学園南町及び新堂1-2丁目の一部に該当する。 ...
  • 寺田町の大阪市交通局寮で、本名のままで『寄合酒』を演じた。 ...
  • 本系統は今里車庫が担当しており、霞町玉造線の一部が1961年11月1日に廃止された際には、車庫と接続する路線がなくなってしまうため、霞町玉造線のうち寺田町 - 下味原町間を回送用線路として残していた。
  • 次は寺田町にある小村版画社に入社したがこれも配達の道順が覚えられず、やっと道を覚えると今度は下町の職人達の手仕事を見物している内に荷物を届けるのを忘れる有り様で、二度目の会社も解雇された。 ...
  • 天王寺区の南東部に位置し、南と西に寺田町、北に勝山、東に生野区勝山南および生野西と接している。 ...
  • 寺田町の闇市の掘立小屋でバクダンとカルピスを教えてくれ、天王寺公園で掻き屋のおばはんが植込みのかげにひそんでいることを教えてくれた友人とは、何となくそれっきりになってしまい、ふたたび出会うことがなくて日も月も歳も過ぎてしまった。 ...
  • 八月の末頃、焼跡整理に狩りだされた私たちが寺田町のあたりで不発の焼夷弾を掘りだした。 ...
  • 寺田町の闇市にある友人の例の掘立小屋へいくと、叔父はよほどいそがしい人物らしくて今日もどこかへ出かけ、叔母がひとりで立働らいていた。 ...
  • 東京渋谷と大阪寺田町の西野流呼吸法を学ぶ教室・西野塾では1回2時間で『基本』と『対気』を行うクラスが週15回あり、複数の指導員と共に創始者の西野が毎日稽古の指導を行っている。 ...
  • そうして、寺田町の電話機消毒商会へ雇われてみると、日の丸湯でもらっていた給料がどんなに尠かったかが、はじめて判った。 ...
  • 内回りの始発には桜島線直通、阪和線・関西空港線直通、大和路線直通列車など他路線直通列車も使用されるが、この際は電光掲示板や車両の行先表示器には誤乗防止のために「普通 大阪環状線」と表記されており、当駅発車後に表示が切り替えられ、隣の寺田町から本来の行き先が表示されるようになっている。 ...
  • 次へ