察する

全て 動詞
665 の用例 (0.01 秒)
  • だが電話での様子から察すると私に対しては何も警戒していないようだ。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 本当の愛情にはそういう動物的なところもあるだろうと察せられますよ。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • その内容はわからないが何事か容易ならぬことと察せられたのである。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 龍之進には、そこに住んでいる者のささやかな暮らしぶりが察せられた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • だが彼の口調からも、それが想像を絶するものであることは察せられた。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • 言葉にされなくとも、エリカの言わんとする意味を察することができた。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • 東京で想像していたよりも、はるかに重い病状であることが察せられる。 大塚公子『死刑執行人の苦悩』より引用
  • 報道陣の数が朝よりも増しているのは駐車場の車の列でも察せられる。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • その内容を見ると、女生徒が出した手紙の内容を察せられるのもある。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • が、祖父のようなほめられ者でなかったことは、子供心にも察せられた。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 淡々と同意しながらも、ひどく残念がっているのが光國には察せられた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 「心が行きとどき、他の心を察する事」之がその人の特性だったのである。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • けれども今日なお残ってるものを見ても、昔のありさまが察せられる。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • それでも身ぶりなどから、言っている内容がなんとなく察せられてきた。 吉村達也『ワンナイトミステリー5 「ナイルの甲虫」殺人事件』より引用
  • 最前彼が天井裏に潜んでいた気配までは廉十郎にも薄々察せられていた。 藤水名子『浪漫’s 見参!桜子姫』より引用
  • 実際に聞こえたわけじゃないんだけど、身体の状態でそれと察せられたのだ。 乾くるみ『マリオネット症候群』より引用
  • 不機嫌さが増しているのを、彼に背中を向けていても察することができる。 神崎京介『密室事情』より引用
  • 彼は口に出さなかったが、故郷に心残りがあるのだろうことも察せられた。 小川一水『時砂の王』より引用
  • 父が手紙を書きながら切り出しどころを思案していたことが察せられた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 私は彼女の黒い目が、私のほうをのぞいているのが察せられました。 メリメ/江口清訳『カルメン』より引用
  • 次へ »