寝覚めが悪い

41 の例文 (0.00 秒)
  • 倒れたのを放っておくのも寝覚めが悪いから連れてきてやった。
  • も、もちろん、それを聞いた時には、俺もひどく寝覚めが悪い思いがした。 ...
  • しかしこういう大事を告げた手紙に返事が来ないのでは、己としても寝覚めが悪い。 ...
  • 朝から機嫌きげんがよくないのは、何も寝覚めが悪かったからだけではなかった。 ...
  • 自分のことが原因であの男の口が乾上ったとなったら、寝覚めが悪くないこともない。 ...
  • 久山だけが犠牲になってるようで、寝覚めが悪いじゃないですか。
  • 中学生一人見捨てて、自分たちだけ逃げ出すのでは寝覚めが悪いのだろう。 ...
  • 二、三はっきりさせておかないと寝覚めが悪くてな。
  • しかし証人としての価値もあるなら、その証言を埋もれさせてしまうのは寝覚めが悪い。 ...
  • あの時はかなり卑怯な手を使われたように思うが、負けは負けなので渡さないことには寝覚めが悪い。 ...
  • そうなってしまっては僕も寝覚めが悪い。 ...
  • 似非と評判ではあっても、目の前で怪しげな呪文を唱えられてはやはり寝覚めが悪い。 ...
  • だけど、それだとあたし、寝覚めが悪いような気がするの。 ...
  • じゃがの、こうして諸将が窮地に堕ちておるのを眺めていては、寝覚めが悪い。 ...
  • そんなことで俺の寝覚めが悪くなるだろうと思うような甘さが、結局、お前たちを破滅させたのだ。 ...
  • それで危機におちいっているのだから自業自得じごうじとくなのだが、目の前で死なれたら、さすがに寝覚ねざめが悪い。 ...
  • こうもあちこち騒然としていると、寝覚ねざめが悪いからな。
  • 次へ