寒ィ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • まあよい都合に向うに渡り切りましたがどうもその寒い事一通りでない。 ...
  • とにかく私は、今あなたを寒くないようにと大変思っているからなのね。 ...
  • 話をしながらも、私どもはその開かれた窓のために寒さを感じていた。 ...
  • 実際に寒くはなかったし、それに寒さなど感じている場合ではなかった。
  • 寒さと温暖あたたかさとの混合まじりあったような空気は部屋の内までも流れ込んで来た。 ...
  • 多少の寒さでは、大切にためてきた練炭に火を付けることを許しません。 ...
  • 十余年前の一月半ばのある寒い日の夕方、私はここへ行ったことがある。 ...
  • 小さな火鉢だけの室内は寒かったが、若い二人には酒だけで十分だった。 ...
  • 冷やかな風が何処からともなく流れ寄ってきて、急に身体が寒くなった。
  • もっとも傍に湯が立っていて、寒くなれば湯にはいってまたやるのです。 ...
  • セルに夏羽織の彼は、夕方の馬車の中で寒さに慄へながら來たのだつた。 ...
  • 寒ければ夏にすればいいのだし、暑ければ冬にすればいいのですからね。 ...
  • 春とはいえ夜になると残りの寒さが身にみ、裸でいられるものではない。 ...
  • その日は例になく朝から雲が出て、突然と風が北に変ったように寒かった。 ...
  • 寒いためにそうなるのか、暑いためにそうなるのかよくわからなかった。 ...
  • もう冬と名のつく月に入ったのだったが、今夜はそう寒くもなかった。 ...
  • よるてらえんしたにガタガタとさむさにふるえながら、たこともあります。 ...