富山ライトレール株式会社

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 富山ライトレールに移管される前の富山港線でもワンマン運転を実施するために日中に運用があった。 ...
  • その後、2006年4月29日に富山ライトレールの常設駅として再開業した。 ...
  • 自動車交通の普及に伴う路面電車の廃止により減少傾向にあったが、国のLRT整備の方針の下、富山ライトレールが一部区間で新たに導入している。 ...
  • 既存区間も含めた富山ライトレールの軌道区間は上下分離がおこなわれ、富山市が軌道施設を保有する形に変更される。
  • 富山ライトレールへの経営移管後に、1946年8月竣工の駅舎は解体された。 ...
  • 移転前の富山ライトレールの富山駅北停留場は、富山駅北口の正面に位置していた。 ...
  • 富山港線の富山ライトレール移管によりホームは低床ホームとなっており、旅客上屋等の設備が設けられている。 ...
  • 公営という性質上、保守的な経営形態をとるものが多い一方で、路線を新設し、LRTを導入した富山ライトレールのように新しい戦略をとる会社もある。 ...
  • また、既存区間も含めた富山ライトレールの軌道区間は上下分離がおこなわれ、富山市が軌道施設を保有する形に変更される。 ...
  • 富山港線の富山ライトレール移管によりホームは低床ホームに改築されており、旅客上屋等の設備が設けられている。 ...
  • 元々富山地方鉄道は富山港線に並行する形で乗合自動車を運行していたが、同社は富山ライトレール富山港線の開業によりこれを廃止し、富山ライトレールよりその自動車線の運行を受託して運行を行っている。
  • 富山ライトレールの開業に伴い廃止となった並行路線の浜黒崎東口線、蓮町・四方線も80番台に属した。 ...
  • JR西日本運営時と比較して富山ライトレール移管直後に列車運行本数が約3倍と大幅に増加し、利便性が向上した。 ...
  • 富山ライトレール富山港線の開業に合わせ、当駅からはフィーダーバスと称する富山ライトレールの自動車線が浜黒崎方面に向け運行されている。 ...
  • こちらはJR西日本から経営分離されてライトレールの富山ライトレールに転換し、後に富山駅での南北連絡に伴い富山地方鉄道富山軌道線と一元運営される事となったため、その前段階として運営会社の合併が成立したものである。
  • また、JR西日本の富山港線から経営を引き継いだ富山ライトレールは国鉄版を採用している。 ...
  • その第一弾として2006年に富山ライトレールを開業。 ...