富国強兵時代

4 の用例 (0.00 秒)
  • 富国強兵時代が終わった後も、ドイツの制度の摂取を主張する政治家は随時見られた。
  • 現実の必要にせまられた早急の文明開化や富国強兵時代には、人間の本来の姿や内心の要求を顧慮する暇がなかったのである。 唐木順三『無用者の系譜』より引用
  • この意味での「西洋」とは、主にヨーロッパやアメリカ合衆国などキリスト教文化圏の世界を指し、明治期の富国強兵時代の日本から見た概念であるが、欧米の国々でも「西洋」という概念を用いることはしばしば見受けられる。
  • 休日に早起きして日帰りのできる観光地や釣りにでかけるのは、昔から珍しいことではなかったが、富国強兵時代におけるそれは、明日への糧あるいは鍛練という建前になっていた。 宮脇俊三『汽車旅12カ月』より引用