富国強兵政策

40 の用例 (0.00 秒)
  • また在日期間中特に黄遵憲の関心をもったのは、日本の富国強兵政策である。
  • 工手学校が創設された当時、国内では政府の富国強兵政策のもと産業の近代化が進められた。
  • また、富国強兵政策によりヨーロッパから盛んに近代的な火薬技術を導入するようになる。
  • この戦いは日本のその後の富国強兵政策の礎になった。
  • 仙台には、富国強兵政策によって大日本帝国陸軍第二師団が置かれ、また第二帝国大学を初めとした高等教育機関が設立された。
  • 日本がアジアに目を向け始めた時期であり、これ以降、富国強兵政策が急ピッチで進められていく。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 友人の島崎にいわせれば、日本は富国強兵政策をとって国は肥大化したが、国民は小さくなってしまったことになる。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 欧米列強による植民地化が世界中で進む中、明治政府は富国強兵政策を執って植民地化を免れた。
  • 水力発電事業は富国強兵政策をひた走る日本の国益に沿うものであり、全国各地で盛んに建設事業が執り行われた。
  • 富国強兵政策が軌道に乗って来ると、商品経済の波が東北地方にも及び、現金収入の少なかった農村では余剰労働力が増加した。
  • 新政府設立以来の富国強兵政策のおかげで、貴様の軍服業は本職の洋服業を抜いて大繁盛だろうが。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 明治政府による富国強兵政策による好戦的な国民思想の浸透や日露戦争の勝利によって日本国民は自信を深め、日本国内では好戦的な雰囲気が強まっていたが、特に満州事変以来の日本国内では成果を出している陸軍と比べ、海軍は日本国民から軽んじられていたという。
  • 両国関係の緊密化はイギリスが支援した薩摩藩を中心とした倒幕の成功によって一度解消されたが、明治維新後の新政府はフランスも西洋化・富国強兵政策の重要な先駆者としてフランスを重視し、お雇い外国人の中には第二次・第三次軍事顧問団を含めてフランス人も高い割合で採用されることになった。
  • ファン・チュー・チンは日本の富国強兵政策を信頼していなかったので、日本からの軍事援助を求めるファン・ボイ・チャウの考えに反対し、さらに他にも彼との意見の相違点を持っていたため、ファン・チュー・チンがベトナムに帰国する前の数週間、彼らは密接な議論を行っていた。
  • 明治時代には菊門が1870年から一般人の使用が禁止され、それから富国強兵政策になった時から紋章は神聖なものへと変貌した。
  • 死、経血、出産は神様が嫌う不浄として避けられてきたが、この価値観は明治政府の近代化及び富国強兵政策によって大きく変わる事になる。
  • 一方で国家的見地からすれば、地方の有産階級にくまなく高い教育を施し富国強兵政策を推し進めることが急務とされていたが、当時女子は子どもを産み育て家庭を守るものとされており、地方社会においては特に強い抵抗にあった。
  • ところがそれは裏を返せば前年度予算がそのまま実行された場合には、当時の日本にとっての緊急の課題であった殖産興業や富国強兵政策のための新規事業が実施できなくなるという事も意味していた。
  • 従来農地の灌漑にのみ利用されていた筑後川の利水であるが、日本各地の河川と同様に明治時代の富国強兵政策などで次第に上水道や工業用水道、水力発電に利用されるようになった。
  • また、富国強兵政策を推し進める日本政府は、国民の健康を高めるために、弁当普及を推進した。
  • 次へ »