富むため

47 の用例 (0.00 秒)
  • 体色が変化に富むため、歴史的には様々な名前が与えられてきた。
  • 樹皮は繊維に富むため、これを加工してロープや魚網などの原料とした。
  • 多くのものは弾力に富むため小さな子どもがぶつかってもあまり痛くない。
  • 各曲の楽器法は変化に富むため、前後する楽曲が同じ音色の組み合わせになることがない。
  • しかもこちらは数が多く、バラエティに富むため臆測も飛躍しがちであった。 稲垣史生『考証[大奥]』より引用
  • 大径線維がニューロフィラメントに最も富むため最も病変を認めやすい。
  • また、柔軟性に富むため心臓の収縮時と拡張時の血圧の差を吸収できるようになっている。
  • この互変異性は反応性に富むため様々な反応に使われる。
  • 強い求核性と強塩基性により反応性に富むため、様々な化合物を合成するのに有用である。
  • ケイ素が少なく、鉄やマグネシウムに富むため、苦鉄質鉱物ともいう。
  • 竜の皮膚は硬く、そして弾力性に富むため、銃弾だろうが砲弾だろうが通りはしないのだ。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • これはたぶんあとの母音は振動数の多い上音オバートーンに富むため、またそういう上音オバートーンはその波長の短いために吸収分散が多く結局全体としての反響の度が弱くなるからではないかと考えてみた事がある。 寺田寅彦『化け物の進化』より引用
  • 天然資源に富むため、18世紀から19世紀にかけてロシアの工業の中心となった。
  • 斎藤茂吉さいとうもきち氏の「赤光しゃっこう」の歌がわれわれを喜ばせたのはその歌の潜在的暗示に富むためであった。 寺田寅彦『俳諧の本質的概論』より引用
  • 彼の作物が日本的な情趣に富むために、とかく戯作者の系統に見られ勝ちであるが、その教養の源は英文学であった。 岡本綺堂『半七捕物帳全集(69作品)』より引用
  • ムサイと比較すると火力とMS搭載能力に優れ、防御力や機動性にも富むため、小艦隊の旗艦として用いられることが多かった。
  • 非常に反応性に富むため、湿気を避けて冷蔵保存する。
  • 海岸線が変化に富むため良港が多い。
  • 「多少の犠牲」とは何であるかと尋ねると、国が富むためには煤煙が空中に飛散するくらいのことは辛抱しなければ駄目だと答える。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • 国民が富むための産業さえ根づけば、貧しさゆえの争いは起こり得ないとナジフ氏は主張し、多くの賛同を得ていた。 藤咲淳一『攻殻機動隊 虚無回廊』より引用
  • 次へ »