富むこと

62 の用例 (0.00 秒)
  • その自由は何に由って得られるかというと智力に富むことが必要です。 与謝野晶子『婦人改造と高等教育』より引用
  • この行動は、英国人が冒険心と勇気に富むことを示した。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • その種類に富むことは他にその比を見ない。 坂口謹一郎『古酒新酒』より引用
  • 政治家らは富むことばかりを考えていて、買収し得る無産階級にしか興味を寄せない。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • このような財産の制度の下に於ては、人民の何人も富むヽヽことは出来ないが、また貧しくなるヽヽヽヽヽことも出来ぬ。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • まずやさしくあること、愛情に富むことそれが第一のことだ。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • メルボルンはオーストラリア最大の都市となり、植民地は驚異的に富むことになった。
  • 伝説では、永きに渡って富むことを願い、名づけられたとされる。
  • 近年の分岐分類学に基づく解析は、本綱は現在知られている体系よりもはるかに多様性に富むことを示唆している。
  • 種子は毒性が強いが、油分に極めて富むことから、古くから利用が行われている。
  • 日本のチームはスピードと機知に富むことで知られているが、南半球やヨーロッパの選手と比べた体の小ささによって不利な立場となることがある。
  • スペインが特にそういう化石のような町や村に富むことは否定しようもないかもしれないけれども、長い歴史の時間を、単に過去に対してのみではなくて、未来に対しても延長して考えてみた場合に、たとえばマンハッタン地区にそういう時間が想定されてみても不思議はない筈ではなかろうか。 堀田善衞『スペインの沈黙』より引用
  • ビタミン類や油脂類に富むことから、日本では肥育を行うブランド牛の飼料として知られている。
  • 古代の刑法が酷刑に富むことはいうまでもないが、ローマの古法も、けだしその例に漏れぬものであろう。 穂積陳重『法窓夜話』より引用
  • 駅から直接登山できること、標高の割には変化に富むこと、展望が良いことがあって登山者が多い。
  • 全世界で約2万種とも言われており、形態・生態ともに非常に多様性に富むことから、現在の「ダニ目」という分類群について多系統であることが示唆されているが、研究は進んでいない。
  • 結晶なのに延典性に富むことを驚きの出発点とし、とくに米国人により転位論が確立され、材料強度学における重要な地位を確立している。
  • サイトネームやフィリポディア、その他の細胞間連結に富むことが見てとれる。
  • 武将の大事な資格のひとつは、果断に富むことである。 吉川英治『三国志』より引用
  • この移動性は六放サンゴ類の中でイソギンチャクの足盤が筋肉質に富むことから可能なことで、他の六放サンゴ類ではあまり見られない特徴である。
  • 次へ »