寄るとさわる

69 の用例 (0.00 秒)
  • けれども、男たちは寄るとさわると戦争の危機について語り合っていた。 森瑤子『望郷』より引用
  • バラック都市の人々は、寄るとさわるとこの種の新発見の話ばかりしている。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • といった感情的な非難の声が寄るとさわると叫ばれたのであった。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 松の内というのに人々は寄るとさわると江戸藩邸焼打ちをうわさしあっている。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • 家中の若侍達寄るとさわると葉之助の噂をするのであった。 国枝史郎『八ヶ嶽の魔神』より引用
  • 廓ではことにもそのうわさが立って、女たちは寄るとさわると、その話をしていた。 徳田秋声『挿話』より引用
  • 東京の男たちは、寄るとさわるとこんな話題ばかりである。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • 最近なんじゃない、ネコも杓子しやくしも寄るとさわると食べる話ばっかりするのは。 林真理子『美食倶楽部』より引用
  • 若い娘達は寄るとさわると、そこにいない者の悪口ではなく、男の品定めをしているのだ。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • 女どもは寄るとさわるときっとその話をした。 魯迅『阿Q正伝』より引用
  • しかも、そのにおいは日を追うていよいよ強くなるばかりだから、近所の人たちは寄るとさわるとその話であった。 横溝正史『死仮面』より引用
  • 村の女どもも、寄るとさわると辰男の噂話をしている。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • と、この一つにまとまり、寄るとさわると声高に言いあう有様になった。 堀和久『春日局』より引用
  • 彼らは寄るとさわると、合併のことを話題にした。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 今日もどこそこのだれがやられた、昨日も三人死んだそうなと、寄るとさわるとこのうわさばっかり。 横溝正史『髑髏検校』より引用
  • 私のまわりでも、寄るとさわるとこの話題である。 林真理子『美女入門 PART3』より引用
  • 人々は、寄るとさわると生きていた英霊の話をした。 阿久悠『瀬戸内少年野球団』より引用
  • 女中どもは、寄るとさわると、この話に夢中になった。 松本清張『かげろう絵図(下)』より引用
  • そういう人々の家族は困り切って、寄るとさわると、窮乏の話をひそひそとしていた。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • ほとんどの主婦が、手紙の中身に大いに興味を持ち、寄るとさわると、その話になった。 西村京太郎『イレブン殺人事件』より引用
  • 次へ »