寄ることができ

10 の用例 (0.00 秒)
  • だれもそばへ寄ることができないからだ。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 見るからに痛々しく、助け起こしたくは思っても、それ以上一歩たりとも傍に寄ることができない。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • 定七は広巳のけんまくが荒いので傍へ寄ることができなかった。 田中貢太郎『春心』より引用
  • こんなところに、どうして影がしのび寄ることができたろう。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • 帰りにまた寄りてえが、東海道を帰るから寄ることができねえ。 今村信雄編『古典落語(上)』より引用
  • 汕子のほうから濃厚な血の臭気がして、どうしてもすくみ、そばに寄ることができなかった。 小野不由美『十二国記 03 風の海 迷宮の岸(上)』より引用
  • するとその声を聞きつけて神々が一斉に振向いたので,女はなかなか彼のそばへ寄ることができず,遠くの方から両手をさしのべて,ホテシパ・ホテシパしながら次のような歌を歌った. 知里真志保『えぞおばけ列伝』より引用
  • もっとも、うちに寄る気さえあれば、別の用事でそとに出たついでに、いくらでも寄ることができたが、母から堅く言われていたので、吾一は、まだ、一ぺんも帰らなかったのである。 山本有三『路傍の石』より引用
  • しかし、なにしろ逃げまどう見物人たちのために、あいだをへだてられて、そばへ寄ることができない。 横溝正史『黄金の指紋』より引用
  • 当ICで降りるときは来島海峡SAに寄ることができるが、当ICから乗るときは来島海峡SAに寄ることができない。