寄る

全て 動詞
3,007 の用例 (0.01 秒)
  • 羅はいつも叔父が年をって困っているだろうと思って気にしていた。 蒲 松齢『翩翩』より引用
  • お花は帰りに深川のお若の家へ寄って、病気の様子をみて来ると言った。 岡本綺堂『両国の秋』より引用
  • もちろん彼には任務の裏の裏に何が隠されていたかなど思いも寄らない。 上遠野浩平『冥王と獣のダンス外伝 枢機卿狙撃』より引用
  • それは何事が起きたのだろうと、調べるために走り寄って来たのだった。 三上於菟吉『グロリア・スコット号』より引用
  • お金は帰りにここへも寄って、外記の生まれ年月をいって判断を頼んだ。 岡本綺堂『箕輪心中』より引用
  • 一つの室では五六人寄って、そのうちの一人がふえを吹くのを聞いていた。 夏目漱石『満韓ところどころ』より引用
  • ぽかんと口を開いたまま、そはへって来るその男をぼんやりながめた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • ここは単に二人の男女と子供が一人寄り集まっているだけの場所だ。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • ただそばに寄るだけでそれは彼女が望んでいる何かの表現を意味した。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • 彼は子供が眠ってる寝台の近くに寄っていって、喜びの情に震えていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 自分の方から機械のそばへ寄ったなんて、そんな馬鹿なことがあるものか。 岡本綺堂『青蛙神』より引用
  • 帳台の東寄りの所で身を横たえている人は前斎宮でおありになるらしい。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 彼はしずかにその方へ寄って往って、その顔をじっと見ながら微笑を送った。 田中貢太郎『水魔』より引用
  • 一軒心当りの家へ寄って、そこで妹が友達と遊んで帰ったことを聞いた。 島崎藤村『家』より引用
  • オリヴィエは彼が見たどのフランス人にもあまり似寄っていなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ということは、彼女はどこにも寄らずに直接この部室に来たことになる。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • 冷やかな風が何処からともなく流れ寄ってきて、急に身体が寒くなった。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • Mホテルは東山区でも左京区寄りの位置だからそう遠くはないはずである。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • まるで麻痺まひしたような顔を見せたのも一瞬、ふたたび彼は寄ろうとする。 山田風太郎『忍法剣士伝』より引用
  • 毎日そばに寄ってきて、こせこせ鋏を使って小枝を切ったりなどしない。 永井隆『この子を残して』より引用
  • 次へ »

寄る で始まる単語