宿る

全て 動詞
1,377 の用例 (0.02 秒)
  • しかし僕はどこかに不安の影が宿っているような気がしてならなかった。 海野十三『海底都市』より引用
  • 不安に似た光が夫の眼に宿ったような気がしたが、それもすぐに消えた。 森瑤子『秋の日のヴィオロンのため息の』より引用
  • したがって、彼らのなかに花郎精神が宿るのは自然なことだとも言えた。 呉善花『続 スカートの風』より引用
  • だが、昔とは違い耳から顎にかけてのラインには強い意志が宿っている。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 彼女の心臓の下に宿っていた時、この子は凡てを聞いていたのだろうか。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』より引用
  • 全ての神獣を倒した時、神獣が一つになった力が聖剣に宿ることになる。
  • 神の宿らぬ抜け殻の土地に神が確かに存在した痕跡を見た私は思ったわ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • こんな身体の内部に、あんな美しい卵が宿っているなんて信じられない。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 唯一の台所に宿るのではなく、料理を作る場所その物に宿っているのだ。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • 唯一の台所に宿るのではなく、料理を作る場所その物に宿っているのだ。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • 顔のまわりに髪に宿った大滴の露がまるでトパーズのように輝いていた。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • この娘に人が宿っていないことは、槌神五月がいちばんよく知っている。 中井拓志『アリス Alice in the right hemisphere』より引用
  • 宿らせられる武器は限られており、又リングと武器との相性も存在する。
  • 疲れていたはずの肉体に新たな力が宿ったような気が王弁にはした。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • 中尉の眼には何かぞっとヽヽヽしたような、絶望したようなものが宿っていた。 ハシェク/辻恒彦訳『良き兵士シュベイク(上)』より引用
  • 同時にしかし、そこには確かに危険な狂気が宿っているようにも見える。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 精神は脳に、魂は肉体に宿るものだとしたら、彼女はシキの本質なんだ。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 多分、神の妻から王子の妻になると決めた時に宿ったのかもしれない。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 彼女は悲しげな顔をあげると、そのシェリー色の眼には涙が宿っていた。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • こちらを見る玄児の目にはまた、先ほどと同じ狂信者の色が宿っていた。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 次へ »